Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > 釣り  > 【バス釣り】2001/04/01 牛久沼

【バス釣り】2001/04/01 牛久沼

釣果
なし

平日浮き
昨日、陸っぱりでの釣果が良かったので、
今日も牛久沼へやってきた。

7:00牛久沼到着。
初めての場所で浮きたいと思う。
きまぐれで西谷田川、「細身の広場」上流部へやってきた。

全然見当外れかもしれないが、
細身の広場からスポーニングの為に、
より浅い場所を目指して上流へ行くバスの流れがあるとすれば、
細身広場の上流側、川っぽくなる手前一帯のエリアに
とりあえず留まる事もあるんじゃないかと思う。

ここには大きめなオダもあり、エグレも数多くある。
バスが留まりそうなポイントは多い。

早速準備してエントリーする。

北風がそこそこ強く吹き、朝の内はまだ凍える程だ。
ウェーダーから伝わってくる寒さから体感水温はせいぜい7度くらいか。

北風を避けられる風裏の岸を狙い、スピナーベイトで一通り流す。
オダがあればラバジやセンコー。
シャロークランクも試す。
反応なし。

何も無いまま時間はどんどん過ぎていく。

10:00になると風はぴたっと止んだ。
予報によると今日は南風らしいので、これはこれから南風に変わるサインだ。
ここが釣り時と集中力を高める。

しかし釣れない。

西谷田川を諦め、東谷田川へ移動する。

東谷田川キャノン沖。
再びフローターを出す。
思った通り、風はあっという間に南西風へと変わり強く吹き始めた。

日が強く照り、水温はかなり暖まったと思う。
対岸のハス畑までえっちらほっちら漕ぎ、
そのエリア一帯をシャロークランクやらスピナーベイトで広範囲に探る。
今ハスは全面で枯れていて、
残されているのは水中に沈んでいる朽ちた茎だけだ。
コツコツっと茎に当たる感覚を味わいながらルアーを引く。

つ、つれない・・・・。
生命反応なさ過ぎ。

この釣りには自信があったのになぁ。

12:00、用事の為、泣く泣くタイムアップ。
牛久での平日釣行のホゲりにちょっと凹んだ。

春か冬か
思ったより水温低下の影響が出ていて、
より冬っぽい釣りが要求される日だったのかもしれない。
やりたい事にこだわりすぎか。

あんまりよく考えないでタックルを詰めてきたので、
サスペンドミノーとかシャッドとかその辺が入ってなかった。
スピニングも持ってこなかったし。

予想が甘かったな。

 この記事のカテゴリは、釣り です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング