Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > 釣り  > 【バス釣り】2001/04/09 溜池(O)

【バス釣り】2001/04/09 溜池(O)

釣果
なぐ 22

リグ、釣り方
ノーシンカーリグ。ワームは、
・カットテールワーム(#42)
・スリムセンコー(#42)
・センコー4in(#42)
・シングルテールグラブ4in(#20)

カットテール、スリムセンコー、センコーは
アシ際、アシ奥、オーバーハング、倒木など
障害物に付くバスをタイトに狙う。
ヘビーな場所はベイト使用のためセンコー。
ライトな障害物はスピニング使用でカットテールやスリムセンコー。

グラブは、水面をグラビングバズで。
アシに囲まれている浅い水面やパラアシでバイト。


ウィードマスター3/8oz(シングルウィロー金、スカートは白、トレーラーなし)
まだ生えてない根っこのみのバラアシを狙う。
岬状のアシ際の沖、パラアシが点在してるエリアで、
外側エッジ部分にバイトが多かった。

Dr.Minnor 7cm(アユ)
根掛かりが少なく、水面近くに気配があって、
グラビングバズに出ない時。

サイズ
44cm
38cm
35から30cm 7つ
残り29~25cmくらいまで

新ぷか池
平日休みになった。
ひさしぶりに「新ぷか池」へ行ってみる。

フローターをやっていて初めて自力で見つけた池が「ぷか池」で、
2番目に見つけた池を「新ぷか池」と呼んでいる。
そんな訳で、ここはフローター釣りの原点みたいな場所だ。

朝は起きれる時間に起きて、池に向かう。
目覚ましは掛けて無くても5:00にはしっかりと目が覚めた。
車を飛ばして、7:30池到着。早速準備する。

さすがに平日。他に釣り人は居ない。
立ち入り禁止や釣り禁止の看板が出来てないことを確認して、
そろそろと池にエントリーする。

様子見
入ってすぐある、木が生い茂るオーバーハングのポイントを攻める。
オーバーハングって言うと、
ダム湖にあるような木の真下からドン深ってイメージもあるが、
この池は、深くても水深1.5mくらいしか無く、
オーバーハング下も精々水深50cmくらいしかない。
下手すると底丸見え。

しばらく枝と水面の隙間を狙ってスピナーベイトなど投げてみるが、
追ってくる気配はない。

魚を見てみようとスピニングに持ち替える。
カットテールやスリムセンコーをノーシンカーでリグり、
岸際へ撃ってツンツン動かしてたら、
ぽろっぽろっとバスが釣れ始めた。
アタリは小さい。活性低いか。

サイズは30弱が多い。
とりあえずバスが居てよかった。
溜池はいつバスが抜かれるか分からないと言う怖さがある

スピナーベイト
しばらく経って、南風が強く吹き始める。
日も高くなって気温が上がり始めた。

池の奥へ到達する。
風表で波がざぶざぶしているまだ根っこのみのパラアシ。
ここは、いかにもスピナーベイトって雰囲気だと思うので、
早速キャストしてみる。

パラアシエリアの外側を通してみると、パラアシにコツッっと当たった瞬間、
ぐぐ!っと竿先が入った。

「きた!」
ジャンプされないようにロッドを水面に突っ込んでバスを取り込む。
スピナーベイトで釣れるサイズは心なしか大きい。
大概30cm以上はある。

スピナーベイトで釣ったのは久しぶりだ。
気持ち良い釣りだなぁ。

似たような風表のパラアシエリアを見つけては
スピナーベイトを投げると、立て続けにバイト。
スピナーベイトで釣れるのは押しなべてサイズが良かった。

ピロピロ
強い風が収まってきた。
日はさらに高くなり、水温はぐんぐん上昇する。
スピナーベイトの反応がなくなってきた。
変わりにあちこちで水面上の波紋が出始める。
バスがうろうろし始めたようだ。

グラブをアシの奥へ撃って、
手前へピロピロっと浮かせながら引いてくる。

波紋がすーっとアシから発生して、グラブと交差した。
「ばしゅ!」
と水面を割ってバスが出る。

おぉ!楽しすぎる。
これで出るサイズはイマイチだが、
何しろ出方が良いじゃないか。
水面がもやもやするところへピロピロさせると
元気なバスが反応してくれた。

池っぽくないバス
一通り撃つ場所を撃って、そろそろ上がる時間だ。
帰り際に朝やった場所を再び撃つ。
水温が上がりきると、コイのハタキがアシ奥で始まった。
あちこちでバチャバチャと派手な水音がする。

「あーあー。これじゃバスも散り散りだろうなぁ。」
中から追い出されたバスを期待して、
アシ際にセンコーを入れ、数秒置いておく。
「コ。ココ。」と申し訳なさそうな小さいバイト。

小さいと思ったら、バイトとは裏腹にすごい引きだった。
猛烈にアシ際へ潜ろうとする。
フィンを蹴って外側へ引っ張り出した。

2度3度の突っ込みをかわし、バスの顎に手を掛ける。
でかい!
サイズを測ると、本日最大の44cmだった。

満足
ちょうど水温も上昇傾向で、
まだフローターで入った人がほとんど居なかったのだと思う。
こういう日に入れて、ラッキーだった。

スポーニングは、30cmくらいのバスのおなかが膨らんでいて、
40cm以上のやつはすでに終わっていると思われる。

 この記事のカテゴリは、釣り です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング