Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2014年)  > Morse Code - モールス信号とLivejournal

Morse Code - モールス信号とLivejournal

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年2013年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

morse_code.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Morse Code(モールス信号)

男: When the French navy retired morse code in 1997, they broadcast a final message: "Calling all. This is our last cry before our eternal silence."
 (フランス海軍が1997年にモールス信号を廃止した時、彼らはこのように、最後のメッセージを放送した。「皆に呼びかける。これは、我々の永遠の沈黙の前に発する、最後の叫びだ。」)

男: I wonder if I can find my Livejournal login.
 (Livejournalのログインが見つけられるか、わからないな。)

女: Hey, I like Livejournal.
 (ねぇ、私はLivejournalが好きよ。)

男: It's a nice place to go for some peace and quiet, I suppose.
 (ちょっとした平安が得られる素晴らしい場所だと思う。)

Alt-text: Oh, because Facebook has worked out SO WELL for everyone.
 (あぁ、だって、フェイスブックがみんなのための「より良さ」を進めてきたから。)

補足

 Facebookの人間関係に少し嫌気がさした男は、すっかり廃れてしまった、Livejournalに戻るのも悪くないなと考える。コミックの中では、モールス信号とLivejournalを重ねて、描かれている。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2014年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング