Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2015年)  > Tamagotchi Hive - たまごっちの巣

Tamagotchi Hive - たまごっちの巣

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

tamagotchi_hive.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Tamagotchi Hive(たまごっちの巣)

My hobby:
 (僕の趣味:)
Running a massive distributed computing project that simulates trillions and trillions of Tamagotchis and keeps them all constantly fed and happy
 (莫大な数のたまごっちをシミュレーションし、彼ら全員に絶えず餌を与え、幸せに保つ巨大な分散コンピューティングプロジェクトを運営すること。)

Alt-text: The Singularity happened, but not to us.
 (特異点は起こった。でも我々にではない。)

補足

 たまごっちの巨大な分散コンピューティングシステムを構築する趣味、という名の作者のやりたいこと。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2015年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング