Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2016年)  > Blame - 非難

Blame - 非難

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

blame.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Blame(非難)

男: I feel sad.
 (悲しい。)
Bad things are happening.
 (悪い出来事が起きてる。)
They must be someone's fault.
 (誰かのせいに違いない。)
But whose?
 (でも誰が?)
My friends on Facebook.
 (Facebookの友達。)

Title text: I bet if I yell at my scared friends I will feel better.
 (僕の怯える友人に怒鳴ったら、きっと良くなる。)

補足

 悪いこと(おそらく大統領選挙)が起きてしまったが、その責任が誰にあるのかを考えている男。責任が自分自身にあるとは決して考えず、SNSの友人と考えてしまう。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2016年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング