Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2017年)  > Anti-Drone Eagles - アンチドローンイーグル

Anti-Drone Eagles - アンチドローンイーグル

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

anti_drone_eagles.png


    ©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Anti-Drone Eagles(アンチドローンイーグル)

男: Everyone loves these eagles that take down drones, but ... I dunno.
 (誰もがドローンを叩き落とすワシは好きだ。だけど...、僕は違う。)
女: You gotta admit, it's pretty cool.
 (認めないと。とてもカッコいいって。)
男: Yeah, but ... training rare animals to hurl themselves at whirling machinery can only get us so far, you know?
 (そうだな、でも...、希少な動物を回転系の機械に飛び掛からせるように訓練するってことだろ?今までに僕らがわかってることは。)
男: At some point, it's like releasing police dogs onto highways to attack speeding motorcycles.
 (そのうち、スピード違反のオートバイを攻撃するために高速道路上に警察犬を解き放すみたいな事になる。)
女: Also cool, but I see your point.
 (それもクールね。でも、あなたの言い分も分かる。)
黒ハット: Plus, I just finished my autonomous drone that hunts eagles.
 (更には、ワシを狩る用の自立稼働のドローンでこの話は収束する。)
男: Man, you are an entirely separate class of problem.
 (おいおい、君のは全く別の種類の問題だよ。)

Alt-text: It's cool, it's totally ethical--they're all programmed to hunt whichever bird of prey is most numerous at the moment, so they leave the endangered ones alone until near the end.
 (カッコいい。こいつは完全に倫理的だ...そのドローンは現時点で、鳥類の獲物から、最多の種類を狩るようにプログラムされているので、終わりに近くなるまで絶滅危惧種を残す。)

補足

 ドローンを空中で捕獲するワシを訓練中と言うニュースを受けて、その是非を議論する3人。男は反対。女はカッコいいと賛成し、黒ハットは、「ワシvsドローン」と言う新たな対立を生み出す未来を妄想する。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2017年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング