Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2017年)  > Dubious Study - 疑わしい研究

Dubious Study - 疑わしい研究

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

dubious_study.png


    ©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Dubious Study(疑わしい研究)

女: Are you sure this study is legit?
 (この研究、本物で間違いないよね?)
男: Sure, it says it was accepted for publication.
 (あぁ、出版予定って書いてある。)
女: Where?
 (どこに?)
男: Hmm... The National Academy of Proceedings.
 (うーん... 米国科学アカデミー。)

If something is formatted like a serious scientific paper, it can take me a while to realize it isn't one.
 (何かが本格的な学術論文のようにフォーマット化されていたら、そうじゃないと理解するのにしばらく時間がかかる。)

Alt-text: Sounds fine. I looked up the Academy, and it says on their MySpace page that their journal is peer-viewed and downloaded biannually.
 (大丈夫そう。アカデミーを調べてたら、彼らのジャーナルが精読されていて、半年に一度ダウンロードされているとMySpaceのページに書かれてる。)

補足

 論文を参照するのに、学術論文の体裁が整っていて、「accepted for publication」と書かれていても、それが信用に足る論文とは限らない。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2017年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング