Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2017年)  > Interferometry - 干渉法

Interferometry - 干渉法

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

interferometry.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Interferometry(干渉法)

ベレー帽: Interferometry. Is so cool!
 (干渉法は、かっこ良すぎ!)
ベレー帽: If you put two small dogs a large distance apart, they can function as a single giant dog.
 (2匹の小犬を遠目に離すと、1頭の巨大な犬として機能させることが出来るんだ。 )
男: I'm not sure that's-
 (よくわからんが...)
ベレー帽: HYAH!
 (えいや!)
犬: WOOF
 (バウ)
ベレー帽: Away!
 (行け!)
Alt-text: It's important to note that while the effective size of the dog can be arbitrarily large, it's not any more of a good dog than the two original dogs.
 (その犬の効果発生後のサイズは、任意に大きくできるが、元の2匹の犬よりも優れた犬でないということに注意が必要だ。)

補足

 電波望遠鏡に使われる干渉法の原理を利用して、2匹の小型犬を1匹の大きな犬に変化させるベレー帽。無理すぎ。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2017年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング