Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2018年)  > Turkish Delight - トルコの悦び

Turkish Delight - トルコの悦び

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2017年の翻訳記事はxkcd(2017年)、2016年の翻訳記事はxkcd(2016年)、2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年~2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

turkish_delight.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Turkish Delight(トルコの悦び)

白い魔女: Have some Turkish delight. If you betray your family, there's more where that came from.
 (ターキッシュ・ディライトをお食べ。家族を裏切れるんなら、もっとあるからね。)

エドモンド: Wow.
 (うわー。)

エドモンド: This is ... not great.
 (こいつは...いまいちだ。)

The Narnia books gave me a really unrealistic impression of how good Turkish delight tastes.
 (ナルニアの本は僕に、ターキッシュ・ディライトがどれだけ美味しい味なのかという、リアルに非現実的な印象を与えた。)

Alt-text: I take it Narnia doesn't have Cinnabons? Because if you can magic up a plate of those, I'll betray whoever.
 (ナルニアではシナボンを食べないのか?それらを一皿、魔法で作ることができるなら、僕は誰だって裏切るさ。)

補足

 英語で「ターキッシュ・ディライト(トルコ語でロクム)」という食べ物が、裏切りの報酬になるくらい美味しいお菓子として、ナルニア国物語に登場するが、実際はそれほど美味しいものでも無い、という作者の主張。

2018.4.15 追記

 頂いたコメントを参考に訳文を一部変更しました。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2018年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング