Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2018年)  > Carnot Cycle - カルノーサイクル

Carnot Cycle - カルノーサイクル

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2017年の翻訳記事はxkcd(2017年)、2016年の翻訳記事はxkcd(2016年)、2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年から2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

carnot_cycle.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Carnot Cycle(カルノーサイクル)

The four stages of the Carnot Cycle
 (カルノーサイクルの4つの段階)

1. Isometric Expansion
 (1.アイソメトリック拡張 )
When heated, the gas becomes larger due to increasing volume
 (加熱されると、気体は体積の増加により大きくなる)

2. Isotonic Expansion
 (2.アイソトニック拡張)
The gas expands further due to dark energy while percent milkfat remains constant
 (ダークエネルギーのため、気体はさらに膨張するが、乳脂肪率は一定のままである)

3. Isopropyl Compression
 (イソプロピル圧縮)
While inflation is held constant, the gas contracts due to tightening interest rates
 (インフレが一定に保たれている間、気体は金利の引き締めのために契約を結ぶ)

4. Decline and Fall
 (4.衰退と堕落)
The gas diminishes and goes into the west while remaining Galadriel, completing the cycle
 (ガラドリエルを残しながら、気体は減少して西に入り、サイクルを完了する)

Alt-text: The Carnot cycle is more properly known by its full title, the "Carnot-Tolkien-Wagner Ring Cycle."
 (カルノーサイクルは、それの完全なタイトルである「カルノートールキン ワグナー・リングサイクル」によって、より広く知られている。)

補足

 作者によって書き換えられた、カルノーサイクルの新しい形態。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2018年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング