Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2018年)  > Update Your Address - 住所録は更新されない

Update Your Address - 住所録は更新されない

update_your_address.png

Update Your Address(住所の更新)

電話からの声: Do you still live at 342 River St?
 (君って、まだリーバストリートの342番地に住んでるの?)
男: No, I moved last year.
 (いや、去年引っ越したよ。)

モヒカン: Is 21 Ash Tree Lane still a good address?
 (アッシュツリーレーン21番地って、まだ住んでる?)
男: What? That's my childhood home. How is that even in your system?
 (え?それは子供の時の住所だ。そのシステムはどうなってるんだ?)

電話の声: The address we have is 205 Second St #2.
 (登録している住所、セカンドストリート#2、205番地だよ。)
Cueball: I... think that's where my parents lived before I was born!?
 (それって...、僕が生まれる前、両親が住んでいた場所だと思う。)

Ponytail: Are you still living in... "The Austro-Hungarian Empire?"
 (「オーストリア・ハンガリー帝国」にまだ住んでる?)
Cueball: You know what, sure.
 (あのなぁ。)
Ponytail: Austria-Hungary dissolved in 1918.
 (オーストリア・ハンガリーは、1918年に解散した。)
Cueball: Well, I come from a long line of people who hate updating stuff.
 (まぁ、僕は更新することが嫌いな一族の末裔だけども。)

Alt-text: This is my four-digit PIN. It was passed down to me by my father, and someday I will pass it on to you. Unless we figure out how to update it, but that sounds complicated.
 (これは4桁の暗証番号。父から私に伝えられ、いつの日か、私はこれを君に伝える。 それを更新する方法を僕らが見つけない限り。でも、それは複雑に思える。)

補足

 顧客の住所を更新しない様々な会社に出会う主人公。最後にはすでに解体された国に住んでいた情報までがも残っていた。しかし最後には、自分も更新することが嫌いな一族かもしれないと思い、諦めた態度で接する。

XKCDカテゴリの記事について

  • カテゴリでは、世界で最も人気があるWebコミック「xkcd」の最新コミックをひたすら日本語に翻訳していきます。
  • 2017年の翻訳記事はxkcd(2017年)、2016年の翻訳記事はxkcd(2016年)、2015年の翻訳記事はxkcd(2015年)、2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年から2010年2011年2012年2013年2014年2015年)よりどうぞ。
  • なお、コミック内の英文が難解な場合は、クオリティの低い訳文をとりあえずUPすることもありますが、自ら気づいたり、皆様からの指摘があれば、正しい訳文にその都度直していきますので、誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

2018.11.23追記

 頂いたコメントを参考に、補足部を変更しました。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2018年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング