Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2019年)  > New Robot - 救助ロボット多すぎ問題

New Robot - 救助ロボット多すぎ問題

new_robot.png

New Robot(新しいロボット)

ポニーテール: Our robot floats using a helium sphere, which is highly charged and can induce lightning strikes.
 (私達のロボットはヘリウム球を使って浮遊します。ヘリウム球は帯電しており、落雷を引き起こすことができます。)
ポニーテール: It moves using a grappling gun like the hook shot from Zelda.
 (このロボットはゼルダのフックショットのようなグラップルガンを使って動きます。)
欄外の声: What is the robot for?
 (なんのためのロボット?)
ポニーテール: Uh
 (えーっと。)
ポニーテール: It could help with search and rescue after disasters.
 (災害後の捜索や救助に役立つ可能性があります。)

"It could help with search and rescue" is engineer-speak for "we just realized we need a justification for our cool robot."
 (「捜索救助に役立つ可能性がある」と語ることは、「かっこいいロボットの為には正当化が必要だと気付いた」ということだ。)

Alt-text: "Some worry that we'll soon have a surplus of search and rescue robots, compared to the number of actual people in situations requiring search and rescue. That's where our other robot project comes in..."
 (「捜索救助が必要な状況にある実際の人々の数に比べ、近いうちに捜索救助ロボットが増えすぎるのではないかと心配する人たちがいます。そこで私たちの別のロボットプロジェクトが登場します...」)

補足

 確たる目的もなく、「こんなロボットがあったらかっこいいかも」的な動機で作られたロボットの利用目的は、「災害救助ロボット」になりがち。

XKCDカテゴリの記事について

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング