Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2019年)  > Well-Ordering Principle - 整列原理

Well-Ordering Principle - 整列原理

well_ordering_principle.png

Well-Ordering Principle(整列原理)

魔人: Greetings, mortal. You have freed me. I will grant you one wish.
 (初めまして、死すべき存在。おまえは私を解放した。願いを一つ叶えよう。)
女: Hmm.
 (えーっと。)

女: It's been over 30 years since Back to the Future came out. Since then, probably hundreds of thousands of people have tried to dress as Marty McFly for Halloween.
 (バック・トゥ・ザ・フューチャーが公開されてから30年以上が経ってるよね。それ以来、恐らく数十万人がハロウィーンのためにマーティ・マクフライの格好をしようとしてきた。)
魔人: OK, and?
 (うん、それで?)

女: Of those people, one of them must have done the worst job.
 (その中の1人は、最悪の仕事をしたに違いない。)
女: My wish is to see their costume.
 (私の望みは、その衣装を見ること。)

魔人: Not a billion dollars? Flight? Infinite wishes?
 (10億ドルじゃないの?空を飛ぶとか?願いを無限にしろとか?)
女: These wish things are always traps.
 (そんな願い事は、いつだって罠だ。)

女: Just show me the worst McFly and we'll call it even.
 (とにかく、最悪のマクフライを見せて。で、これで私たち、おあいこ。)

Alt-text: We could organize a nationwide old-photo-album search, but the real Worst McFly is probably lost to time.
 (全国的な古い写真アルバムの検索を構成出来るだろうけど、実際の「最悪なマクフライ」はおそらく時間で消え去ってしまうから。)

補足

 魔法のランプから魔人を呼び出した女。魔人は一つ願いを叶えると言うが、主人公は「これまでのマーティ・マクフライのコスプレの中で一番ひどい出来の仮装をみてみたい」と魔人にとって意外と思われるお願いをする。なぜならば、不相応な願いをすると、大概悪い結果になることが多く、それが罠であることが分かっているから。

XKCDカテゴリの記事について

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング