Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2019年)  > Imagine Going Back in Time - 過去に遡ることを想像する

Imagine Going Back in Time - 過去に遡ることを想像する

imagine_going_back_in_time.png

Imagine Going Back in Time(過去に遡ることを想像する)

男: Ugh. A player named "Reelect Trump 2020" put a frog Pokemon in the gym next to mine.
 (うげ。「再選トランプ2020」という名前のプレイヤーが、僕の隣のジムにカエルポケモンを置いた。)

女: Imagine going back in time and saying that to yourself 20 years ago.
 (20年前に遡って、自分自身に言う姿を想像してみて。)
男: Oh, I have a time machine! I'll try that.
 (あ、タイムマシンがある!やってみるよ!)

BZZZZT
 (ぶーん)

男(2019年): ... next to mine.
 (僕の隣...)

男(1999年): I see. Pokemon is still popular in 2019?
 (なるほど。ポケモンは2019年もまだ人気があるのか?)
男(2019年): Yeah.
 (あぁ、そうだ。)

男(1999年): And it's cool for people your age to play it?
 (それで、君ぐらいの年齢がプレイするのはかっこよいのか?)
男(2019年): OK, I did not come here to be mocked.
 (おいおい、僕は茶化されるためにここに来たわけじゃない。)
男(1999年): This is a sobering cautionary tale.
 (これは、酔いがさめるような教訓めいた話だな。)
男(2019年): Listen, self...
 (聞いて、じぶんで。)

Alt-text: I wonder what the trendy adults in 2019 who are too cool for Pokemon will be into. Probably Digimon!
 (2019年、ポケモンにはあまりにもクールすぎるトレンディな大人って何をするんだろう?おそらくデジモンか!)

補足

 『「再選トランプ2020」という名前のプレイヤーが、僕の隣のジムにカエルポケモンを置いた』と言うフレーズを20年前の自分が聞いたら、なんて答えるのかを確かめるためにタイムマシンを使って20年前にタイムトラベルする主人公。

 実際に行ってみたら、トランプが大統領になっていることを驚かれるのではなく、20年後の自分がまだポケモンを続けていることをけなす様な発言を始めたため、2019年の主人公は当てが外れた感じになる。

XKCDカテゴリの記事について

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング