Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2019年)  > Group Chat Rules - グループチャットのルール

Group Chat Rules - グループチャットのルール

group_chat_rules.png

Group Chat Rules(グループチャットのルール)

Rules for this group chat
 (このグループチャットのルール)

1. Once you've sent a typing notification, you have to say something, c'mon.
 (タイピング通知を送信したら、何か言う必要がある。さあ!)
2. Show you care by trimming the tracking junk off links you paste.
 (ペーストしたリンクのトラッキングのゴミを切り取って、気配りを示せ。)
3. Do not talk about Fight Club (1999).
 (Fight Club(1999)について話すな。)
4. There are two types of chats: those with a relevant group name, and those where the name is random nonsense that changes regularly. Only the second kind are good.
(チャットには2つのタイプがある。関連するグループ名を持つチャットと、名前が定期的に変わるランダムでナンセンスなチャットだ。後者だけで良い。)
5. When mentioning it elsewhere, always just refer to it as "the group chat" to create an aura of exclusive mystery.
 (他の場所で言及するときは、常に「グループチャット」と呼んで、排他的でミステリーのオーラを作り出して。)
6. Robert's Rules of Order are optional but encouraged.
 (ロバート議事規則はオプションだが、奨励されている。)
7. Periodically part of the group will split off to form a new chat with everyone minus one person. This is how group chats reproduce; don't draw attention to it.
 (グループの一部が定期的に分割され、1人を除いた全員との新しいチャットが形成される。これがグループチャットを複製する方法。それに注意を向けるな。)
8. Since there's no algorithmic feed, the responsibility for injecting lots of garbage no one asked for falls on you.
 (アルゴリズムフィードがいないため、誰も望んでいない大量のゴミを投下する責任はあなたに掛かっている。)
9. The enumeration, in these rules, of certain rights, shall not be construed to deny or disparage others retained by the people.
 (これらの規則における特定の権利の列挙は、人々が保持する他の権利を否定または軽視したものと解釈してはならない。)
10. Sorry about all the notifications.
 (すべての通知について申し訳なく思う。)

Alt-text: There's no group chat member more enigmatic than the cool person who you all assume has the chat on mute, but who then instantly chimes in with no delay the moment something relevant to them is mentioned.
 (全員がミュートでチャットをしていると思っているクールな人ほど、謎めいたグループチャットメンバーはいないが、その人に関連する何かが言及された瞬間にすぐにチャイムを鳴らす。)

補足

 作者の考える、インターネットにおけるグループチャットのルール十か条。

XKCDカテゴリの記事について

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング