Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2019年)  > How To Deliver Christmas Presents - クリスマスプレゼントの届け方

How To Deliver Christmas Presents - クリスマスプレゼントの届け方

how_to_deliver_christmas_presents.png

How To Deliver Christmas Presents(クリスマスプレゼントの届け方)

How To Deliver Christmas Presents In a future without chimneys
(煙突が無い未来でのクリスマスプレゼントの届け方)

How To
For more questionable ideas for using science to solve problems, check out my new book, How To! Click on this comic or go to xkcd.com/how-to
 (科学を使って問題を解決するための更に疑わしいアイデアについては、僕の新本「How To!」をご覧あれ。このコミックをクリックするか、xkcd.com/how-toにアクセスして。)

Good Christmas gift!
 (良いクリスマスプレゼント!)

作者: The traditional way to get Christmas presents into a house is to have a large reindeer-herding man slither down the chimney with them.
 (クリスマスプレゼントを家に持ち込む伝統的な方法は、大きなトナカイ飼いの男がクリスマスプレゼントと共に煙突を滑り降りることだ。)

作者: Unfortunately, chimneys are becoming less common in the United States.
 (残念ながら、米国では煙突は一般的でなくなってきている。)

Disappearing chimneys
 (消えゆく煙突)
Percentage of new homes with fireplaces
 (暖炉のある新しい家の割合)

作者: But that's OK; there are other ways to get a gift into a house
 (でも大丈夫。家にプレゼントを届ける他の方法がある。)
作者: Here are a few options!
 (いくつかのオプションがある!)

1. Even without chimneys, houses aren't airtight. If you vaporize the gift, parts of it will enter the house through the intake vents...
 (煙突がなくても、家は完全な気密ではない。プレゼントを蒸発させると、その一部が吸気口から家に入る...
...And it will stay there.
 (...そしてそこにとどまる)

According to a 2008 study from Clarkson University, particles of your gift that settle in their house will remain there for an average of several months if they vacuum, and seven decades if they don't
 (クラークソン大学の2008年の調査によると、贈り物の粒子は、掃除機をかけると平均して数ヶ月間、掃除しないと70年も家に定着する。)
Source: DOI 10.3155/1047-3289.58.4.502
 (出典:DOI 10.3155/1047-3289.58.4.502)

女: Seven decades?!
 (70年!)
男: BRB, I need to go vacuum.
 (すぐ戻る、掃除機を掛けなくちゃ。)
女: Houses are disgusting
 (家は気持ち悪い)

2. The critical momentum necessary for a projectile to break glass is around 4 kg*m/s. (40 for ½" plywood.)
 (発射体がガラスを破壊するのに必要な臨界運動量は、約4kg*m/sです。(½"合板の場合は40))
Source: fema.gov/previous-missile-impact-test-wood-sheathing
 (出典:fema.gov/previous-missile-impact-test-wood-sheathing)
This means you can deliver a book-sized gift by hurling it at a window at 25+ mph
 (つまり、窓に対し毎時25マイル以上の速度で投げることによって、書籍サイズのギフトを届けることが可能。)
Speed = book mass/4kg*m/s = 25 mph
 (速度 = 本の重さ/4kg*m/s = 25 mph)
But if they've put up plywood shutters, you'll need 250mph+ delivery speeds.
 (ただし、合板シャッターを設置している場合は、250mph以上の配送速度が必要となる。)

3. Wait until they order a different book, then intercept the package, open the binding, and replace the pages with the ones from yours.
 (別の本を注文するまで待ってから、荷物を遮って、装丁を開き、ページを自分のものに置き換える。)

Cueball: ...Ugh, real-life content injection.
 (..うげ、リアル「コンテンツインジェクション」だ。)
欄外の声: We need HTTPS for paper.
 (紙のHTTPSが必要だ。)
Alt-text: Building codes in hurricane zones rely on studies of how easily flying debris can break residential windows. If you're looking for a science fair project idea and you hate your neighbors, I'm sure they could always use more data!
 (ハリケーンエリアの建築基準法は、飛んでいる破片がどれくらい簡単に住宅の窓を割ることができるかという研究に起因している。サイエンスフェアプロジェクトのアイデアを探していて、お隣さんが嫌いなら、もっと多くのデータをいつでも使用できるはずだよ!)

補足

 煙突の無い家にどうやってサンタクロースがクリスマスプレゼントを届けるかについて、3つの科学的だが無茶な方法を提案する。あと、作者の書いた本の宣伝。

XKCDカテゴリの記事について

2019.12.1 追記

 頂いたコメントを元に訳文を修正しました。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング