Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2020年)  > Unread - 未読

Unread - 未読

unread.png

Unread(未読)

Percentage of received messages in the service that are marked unread
 (未読とマークされたサービスで受信したメッセージの割合)

hey, two new messages!
 (おや、新しいメッセージが2通!)

Ugh, gotta take some time to go through these.
 (げ、これ見るのに、時間かけないと。)
Wow, it hit five digits.
 (わ。5桁になった。)

Another way every system eventually becomes email
 (全てのシステムが最終的に電子メールになるもう一つの方法。)

Alt-text: I'll never install a smart home smoke detector. It's not that I don't trust the software--it's that all software eventually becomes email, and I know how I am with email.
 (スマートホームの煙探知機は絶対にインストールしない。ソフトウェアを信用していないわけではない...それは、すなわち全てのソフトウェアが最終的には電子メールになるということであり、僕は電子メールをどう使うか知っている。)

補足

 有名なプログラマー、ジェイミー・ザウィンスキーの名がつけられた法則に「すべてのプログラムは、メールを読み取れるようになるまで拡張しようとする。そこまで拡張できないプログラムは、それができるものにとってかわられる。」と言うものがある。

 今回のコミックでは、「全てのサービスは、メールで配信されるように拡張される。」と言う、電子メールに関する別の法則について描いている。

 様々な通知が全部がメール配信になってしまうと、未読ばっかり増えて、全てを読まなくなっちゃうという新たな弊害が生まれるという話。

XKCDカテゴリの記事について

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2020年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング