Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2021年)  > 1991 and 2021 - 1991年と2021年

1991 and 2021 - 1991年と2021年

1991_and_2021.png

1991 and 2021(1991年と2021年)

白ハット: Welcome to 1991!
 (1991年へようこそ!)
白ハット: So you're from 2021? What happens with technology over the next 30 years?
 (2021年からですか?今後30年間でテクノロジーはどうなります?)
男: We passed a federal law to combat laser attacks on airliners, and there are TV shows where robots battle.
 (旅客機へのレーザー攻撃に対抗するために連邦法を可決したよ。ロボットが戦うテレビ番組もあるし。)
男: Also, cordless phones are longer range now, and it's really easy to send news stories to your friends.
 (それから、コードレス電話の距離が長くなって、友達にニュース記事を送るのはとても簡単になった。)
白ハット: Wow, okay.
 (うわー。わかりました。)
男: Now, try to guess which of those things turn out to be important.
 (では、これらのうちどれが重要であるかを推測してみて。)
白ハット: ...is it not the lasers?
 (それはレーザーではないの?)
男: It is not the lasers.
 (レーザーじゃない。)

Alt-text: "Oh, and our computers all have cameras now, which is nice during the pandemic lockdowns." "The WHAT."
 (「あ、それから、僕らのコンピューターにはすべてカメラが搭載されているよ。パンデミックの封鎖中には素晴らしいことだ。」「何だそれは!」)

補足

 2021年から1991年にタイムスリップしてきた主人公。30年間のテクノロジーの変化について、1991年の人(白ハット)にいくつか教えてあげ、最後にもっとも重要な変化について聞いてみるが、主人公の誘導であるレーザー技術にまんまと引っかかる。

XKCDカテゴリの記事について

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2021年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング