Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

メタボ:【97kgから-25kg】30代男性に送るダイエット実録体験記 その5

参照
メタボ:【97kgから-25kg】30代男性に送るダイエット実録体験記 その1 その2 その3 その4

上手くダイエットが回っている時の気持ちの持ち方

2008年4月 体重84kg

 息子が生まれてから娘と1対1で遊ぶ事が多くなり、体重がガクンと減ってきました。上手くダイエットが回っている時の気持ちの持ち方として重要なのは、

 「今まで面倒だと思っていた事を全てダイエットの為と思う。

 たとえば、娘と公園で遊ぶのを週一を週二にするとか、普段歩かなくても良い場所を歩く事になってしまったとか、急な仕事で会社中を回らなくてはいけなくなったとか、そういう体力を使う用事は、「これで体重が0.5kg落ちるなら、喜んでやる」と言う風に脳内変換します。

 その為、最低でも体重計は頻繁に乗る必要があるわけです。

 しっかりとした具体的な目標を持つ事も効果的です。僕の場合、リーバイスの501が昔から履けなかったので、(サイズが36インチ以下だけの為)この服が着れた自分をイメージしてました。たまにジーンズショップに出かけていって、実際足を入れてみるってのも良いかもしれません。

本格的にダイエットを始める

 本格的にやることを決意して、まずはじめた事は間食を減らすです。これは、メタボな人がダイエットする上で、最も重要なファクターの一つです。

 これを実感するためにはレコーディングダイエットが一番有効です。

参照:日常:簡単お手軽レコーディングダイエットのススメ

 食生活の見直しの為、起きている間口に入れた食物を全て記載していきます。飴玉一個、チョコの小袋1つ、その程度も全部です。これを永遠にやる必要はなくて、僕が大事だと思うのは、間食がいかにダメかと言う事を数値的に理解するプロセスだと思います。

 多少食事を抜いたり、食事量を減らしたところで、間食が挟まっていると見事に相殺され、無駄になってる事が分かります。これでは間食の為に食事量を減らしているようなものです。間食のダメさ加減を骨の髄まで浸透させることが重要です。僕はこれをやってから一切間食しなくなりました。

腹筋は体の中で最も大きな筋肉

 メタボの方が内臓脂肪を一掃したいと思っている場合、最も効果的なのは腹筋を鍛える事です。これは読んだ本の受け売りなのですが、体の中で一番大きな筋肉は、腹筋、背筋、大腿筋(太もも)です。

 つまりは、基礎代謝を増やして、リバウンドしない体を作るには、腹筋を鍛える事がまず重要だと思います。腹筋を鍛えようとすれば、自然に背筋と大腿筋も鍛える事に繋がります。

参照:雑記:あしたのために その1

 そうは言っても、メタボな方は普段運動してないと思いますので、いきなり本格な腹筋運動を始めても確実にめげます。僕もそうでした。(汗)上半身を起こす、いわゆる普通の腹筋運動は初め10回くらいしか出来ず、ダメさを実感しただけでした。

 腹筋についてはもっと負荷が少なくて楽なトレーニング方法があります。こればっかりは、何か専門の本を読む事を勧めます。ネット上にもあるかもしれません。

 一番初めに取り掛かったのは、下記の2つです。気が付いたときにちょこちょこやります。大事なのは負担にしない、無理しないです。

  • 机に座る際、肘から上の両腕をデスクの上に出し、ぐっと下方面に力を入れる。頭はへそを覗き込む。ゆっくりももを椅子から浮かし、デスクの裏に引っ付ける。
  • テレビや本を見ながら、ひざを立てて座り、ゆっくりと状態を後ろに倒す。辛くなったら起き上がる。

 これに追加して、ストレッチをやると良いです。僕はあぐらが長い事上手くかけなかったので、あぐらをかく練習をしました。ストレッチをやるだけでもカロリーは消費されます。

 上のような事を2008年5月はやっていました。体重は順調に減っていきました。

2008年05月 体重80kg

 この時点で気が付けば17kgの減量に成功していました。

 続く

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus