Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Lanes - ガン治療後の「生存率」と言ういくつかの車線

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

lanes.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Lanes(車線)

男1: So, are you guys out of the woods?
 (で、君たちは、危機を脱したのか?)

男2: We don't know.
 (良く分からない。)

男1: Well, did the treatment work?
 (なら、まだ治療は有効だったのか?)

男2: We don't know.
 (それも良く分からない。)

I always assumed that when you got cancer, they gave you a prognosis, then treated you, and at the end of treatment either you beat it or you died.
 (君がガンを患った時、医師らは君に予後(生存率)を与えることで、常に推測してきた。そして、君を処置した後に、君を打ちのめすか、死ぬかのどちらかだ。)

And I knew sometimes it "recurred", which I assumed meant back to square one.
 (そして、僕は時々、それが「再発」することを知っている。再発は、振出しに戻ることを意味すると思っていた。)

But that's turned out not to be quite right.
 (でも、それは、全く正しくないと分かった。)

男2: Once most cancers spread out into your body, they're incurable.
 (大部分のガンが君の体に広がると、医師らは治すことが出来ない。)

If your 10-year prognosis is 60% that means a 60% chance that some cancer will slip past the treatment and get out.
 (もし君の10年生存率が60%であるならば、いくつかのガンが、処置中に通りすぎて、出てくる確率が60%であることを意味する。)

So they kill all the cancer they can find, and then you're a "survivor". But your odds are still 60%.
 (そして、医師らは、見つけられる全てのガンを殺すことで君は「生存者」になる。しかし、君の確率は未だ60%だ。)

They can't scan for individual cancer cells. The only way to know if it worked is to wait for tumors pop up elsewhere.
 (彼らは、見えないガン細胞をスキャンすることが出来ない。それが有効かを知るための唯一の方法は、どこか別の場所で出てくる腫瘍を待つしかない。)

If you go enough years without that happening then you were in the 60%.
 (何年間も、再発なしで過ごせるなら君は60%の中だ。)

And often the first sign is a cough or bone pain.
 (そして、最初の兆候は、咳や骨の痛みだ。)

So you spend the next five or ten years trying not to worry that every ache and pain is the answer to the question "do I make it?"
 (そして、あらゆるうずきや痛みが、「完治したか?」の疑問に対する答えと言う心配をしないようにする為に、君はこれからの5年や10年を費やすんだ。)

男1: Man.
 (あぁ。)

Fuck cancer.
 (ガンて、最悪だな。)

男2: Seriously.
 (だな。)

Alt-text: Each quarter of the lanes from left to right correspond loosely to breast cancer stages one through four (at diagnosis).
 (左から右までの通路のそれぞれ1/4がゆるい感じで、1から4(診断に基づく)の乳がんステージに該当しています。)

補足

 ガン治療後の生存率を高速道路の車線になぞらえて、イメージ化したコミック。おそらくは、XKCD作者ランダル・マンロー氏の家族(婚約者)が患った病気に沿って、今回のコミックは描かれている。

 ガンの治療が終わったとしても、ガンとの戦いは終わることが無い。それは生存率と言う確率で示される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus