Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2019年)  > Alternate Histories - アナザーストーリー内のアナザーストーリー

Alternate Histories - アナザーストーリー内のアナザーストーリー

alternate_histories.png

Alternate Histories(別の歴史)

女: In alternate history stories where the allies lost WWII, sometimes they have their own fiction with the premise "what if the allies had won?" which differs from our world since they'd be speculating and wouldn't predict everything.
 (同盟国が第二次世界大戦で負けた別の歴史物語では、時に、推測して全てを予測することはない、私たちの世界とは異なる「同盟国が勝ったならどうなるのか」という前提で、自分たち自身の小説を展開する。)
男: Yeah, I think they do that in Man in the High Castle.
 (そうだね。それを「高い城の男」でやっていると思う。)

女: But within those stories, they should have "what if the allies had lost?" fiction which is even more removed from our world.
 (でも、こういう物語の中では、私たちの世界からさらにかけ離れたフィクションである、「同盟国が負けた場合はどうなるのか」があるべきよ。)
男: Uh oh.
 (えっと。)
女: So how deep does it go?
 (それで、どのくらい深くなるのか?)
500 levels in:
 (500レベルの中:)
女: In my alternate history, Scotland never develops hovercraft, so Canada's cybernetic horses defeat the Belgium-Madagascar-New Jersey alliance.
 (私の別の歴史だと、スコットランドはホバークラフトを開発していないので、カナダのサイバネティックスホースが、「ベルギー - マダガスカル - ニュージャージー」の同盟を打ち破る。)
男: Wow!
 (おぉ!)

男: Then who becomes God-Emperor of Missouri, if not Laura Ingalls Wilder?
 (それで、Laura Ingalls Wilderじゃなかったら、誰がミズーリ州の神の皇帝になるの?)
女: Senator Truman!
 (トルーマン上院議員!)
男: He survives the accident?!
 (彼はアクシデントに耐えられるのか?)
女: Yeah, the pajama craze never catches on, so he's wearing normal clothes when he walks by the printing press...
 (えぇ、パジャマの流行は決して捕まえられないので、彼が印刷機のそばを歩くときは、普通の服を着ている...。)

Alt-text: "So their universe wouldn't have the iconic photo of a screaming Truman being hoisted aloft by the newspaper-printing machinery..."
 (「彼らの世界には、叫んでいるトルーマンが新聞印刷機械によって高く吊り上げられているという象徴的な写真はない...」)

補足

 小説「高い城の男」の中では、同盟国が勝利した世界の中で、「同盟国が負けた場合はどうなるのか」と小説が登場する。そのまま何層も入れ子状に小説が登場していくと、500レベル(500回の反復)後はどんな小説になるのかを考える主人公たち。

XKCDカテゴリの記事について

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング