Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2018年)  > arXiv - アーカイブの存在意義

arXiv - アーカイブの存在意義

arxiv.png

arXiv(アーカイヴ)

女(黒髪): Wait, all the papers in your field are posted as free PDFs on ArXiv? That must be killing big science journals, since they charge such huge subscription/publication fees.
 (待って、あなたの分野の論文は、全てarXiv上の無料のpdfとして投稿されているのよね?それで、大きな科学雑誌の活動が止まるはずよ。彼らが、あんなにも莫大な購読料/出版料を請求しているから。)
ポニーテール: Nah, we've been doing it since the 90s and nobody seems to care.
 (いやぁ、私たちは90年代からそれをやっているし、だれも気に掛けてないよ。)
女(黒髪): That makes no sense at all!!
 (それじゃ、全く意味がないじゃない!)
ポニーテール: Shhh, you'll jinx it!
 (シィ。不吉よ!)

Alt-text: Both arXiv and archive.org are invaluable projects which, if they didn't exist, we would dismiss as obviously ridiculous and unworkable.
 (arXivとarchive.orgの両方が貴重なプロジェクト。そして、もしその2つが無ければ、僕らは明らかにばかげた行為で、うまくいきっこないと却下している。)

補足

 arXivは、様々な分野の論文が保存・公開されているウェブサイトで、書き込み、閲覧共に無料で利用できる。

 そのarXivに、全ての論文を投稿しているポニーテールに対して、arXivの仕組みが昔から存在しているのに、大手のサイエンスジャーナルに対してさしたる影響を与えていない!と黒髪の女が言うが、そのセリフは不吉よ!とポニーテールがたしなめる。

 作者は、高額の購読料/掲載料が掛かる、サイエンスジャーナルの仕組みに強い憤りを感じているらしい。

XKCDカテゴリの記事について

2018.12.17追記

 訳文を一部変更しました。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2018年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング