Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2019年)  > Comments - コメント

Comments - コメント

comments.png

Comments(コメント)

Backlash: Internet users are outraged over news stories using a handful of random comments to support arbitrary narratives!
 (バックラッシュ:インターネットユーザーは、任意の物語をサポートするために、一握りのランダムなコメントを使用して、ニュース記事に憤慨する!)

I can't believe how easy it is to create an impression of peer consensus.
 (私は、対等なもの同士のコンセンサスを印象づけるのがいかに簡単かと言うことが信じられずにいる。)

This dynamic is so easily manipulated and it freaks me out. xkcd.com/1019
 (このダイナミックはとても簡単に操作されるし、それにビビっている。xkcd.com/1019)

Everytime I share something and a friend responds "Haha, did you see the top comments..." it just reminds me how influential these things are in shaping the impressions of even relatively internet-savvy readers.
 (私が何かを共有して、友人は「ははっ、あなた、一番上のコメントを見たの?」と答える度、これらのことが比較的インターネットに詳しい読者の印象を形成するのにどれほど影響力があるかを思い出す。)

NPR got rid of comments in 2016 when they realized they all came from a handful of visitors posting hundreds of times a month.
 (2016年にNPRは、一握りの訪問者が月に何百回も投稿していることに気付づき、コメントを削除した。)

Eventually social norms will adapt to this stuff, but it needs to hurry up.
 (最終的に社会規範はこんなもので適応するだろう。でも、それは急ぐ必要がある。)

I have nine followers and created my account last month; how am I being quoted in this news article??
 (先月、アカウントを作成して、9人のフォロワーがいる。私はこのニュース記事でどのように引用されている?)

Alt-text: NPR encourages you to add comments to their stories using the page inspector in your browser's developer tools. Note: Your comments are visible only to you, and will be lost when you refresh the page.
 (NPRは、ブラウザの開発者ツールのページインスペクタを使用して、ストーリーにコメントを追加することを推奨している。 注:あなたのコメントは自分自身にのみ表示され、あなたがページを更新すると失われる。)

補足

 うーん...、いまいち補足できません。

 「インターネットでは、ニュース記事の印象を操作し、世間のコンセンサスを得るために、複数のユーザーでコメントを書き込むことがあるという」ニュース記事に対して、実際にコメント欄でそれが行われるという再帰的なネタかな?間違っているかも。

XKCDカテゴリの記事について

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング