Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2020年)  > Ten Years - 10年

Ten Years - 10年

ten_years.png

Ten Years(10年)

※ 16コマ目までは以下参照のこと

作者: Do you think they're socialized enough?
 (彼らは十分に社交的だと思う?)
作者の妻: This one might need some more head pats.
 (もう少し頭を撫でてみる必要があるかもね。)
欄外: Has anyone seen the hand cart?
 (誰か手押し車みなかった?)
作者の妻: Wheee!
 (うぃーーー!)

作者; You do it. Ten Years.
 (やったな。10年だ。)
作者の妻: It doesn't seem real.
 (現実とは思えないわ。)
作者の妻: When they showed me my 10-year survival chart, I really didn't believe I would make it here.
 (お医者さんが私の10年生存率の表を見せてくれた時、本当に成功するとは思ってなかったの。)

I don't understand why you married me when it looked so bad.
 (あんなにひどかったのに、なんで結婚までしてくれたのか分からない。)
But it was very sweet.
 (でも、とても素敵だった。)

作者: You make it sound like an act of grace, and not something I desperately wanted to do and was worried I wouldn't get to.
 (君は、それを特別な計らいのように言うけど、やけになってやったことではないし、出来ないと心配していたことでもないよ。)
You're the coolest person I've ever met. I just wanted whatever the we could have.
 (君は、僕が今まであった中で一番クールな人だ。僕らが出来る事は何でもしたかった。)

作者の妻: Well, good news, my hiedous and inexplicable existence continues unabated! Take that, Biology!
 (さて、朗報よ。私の世にも恐ろしい不可解な存在は、衰えなく続く!これでもくらえ、生物学!
You failed to kill me and now I can never die!
 (あなたは私を殺すのに失敗したし、私は決して死なない!)
作者: Is... that how that works?
 (それは...どういう仕組みなんだ?)
作者の妻: It was in the fine print the chart.
 (チャートに細字で書いてあった。)

Alt-text: The ten-year cancerversary is traditionally the Cursed Artifact Granting Immortality anniversary.
 (10年目のがん記念日は、伝統的に不老不死を付与する呪われた建造物の記念日である。)

補足

 作者の妻が乳ガンと診断されてから10年が経ち、再発しなかった事をお知らせする記念すべきコミック。

 作者の奥さんがガン診断された当時のXKCDコミックを翻訳した記事があるのか探してみたら、ありました。

 普段は全く意識してませんが、このブログも飽きもせず10年以上、XKCDの翻訳を続けているようです。

 さて、朗報だ。私の世にも恐ろしい不可解な翻訳は、衰えなく続くのだ!

XKCDカテゴリの記事について

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2020年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新週刊アクセスランキング