Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS
TOP雑記

100円から募金できる「Google checkout」で『つもり募金』を

google_checkout.jpg

 「東北地方太平洋沖地震」への義援金の送金方法について、どこから募金するのが一番無理なく、効果的に出来るのかと言う事をしばらく考えていましたが、僕のネット環境の場合は、「Google checkout」から日本赤十字社へ募金するのが一番手軽かつ、効率的だと言う結論に至り、まずは「つもり募金」で小さな金額から募金を始めることにしました。

 Googleの義援金受付のサイトは下記です。

 上記のサイトに行き、簡単な操作で少額の募金が行えます。

  1. 金額をフォームに入力(100 円以上 50,000 円以下)
  2. [義援金]ボタンをクリック
  3. Googleアカウントを持っていない、もしくは、『Google checkout』をこれまで利用したことがない方は、初回のみクレジットカード情報を登録
  4. アカウントを既に持っている場合は、Googleアカウントのログイン情報を入力。Googleアカウントでログイン済みならパスワードのみ再入力
  5. 明細を確認の後、「今すぐ注文する」ボタンをクリック。

 「Google checkout」からの募金の一番の利点は、受付最低金額だと思います。クレジットカード経由で、100円から送金する事が可能です。

 こつこつ貯金する方法のひとつに「○○したつもり」の金額を少しづつ貯金していく、「つもり貯金」と言うのがありますが、少額で気軽に募金出来る方法を知っておくと、同じような考え方で『つもり募金』を行うことが出来ます。

 例えば、今日缶コーヒーを1本買わなかった分、120円を募金するとか、本やCDを買ったつもりでその金額を募金するとか、その日節電した分の電気代分を100円として募金する等々、何かをやったつもりの金額が発生し、募金したいと思ったその瞬間に、Googleのサイトから即、募金する事が可能です。また、ニュースで救援活動の困難さや被災者の大変さを知り、何かしなければと思った瞬間の回数を日々カウントし、その回数にいくらかの金額を掛けて(×100円とか)、何日か単位で募金するなども良い方法じゃないかと思いました。

 「つもり募金」の方法等々については、基本的に「つもり貯金」と同じ発想なので、つもり貯金が書かれているサイトを色々見てまわれば、もっと良いアイデアが出てくるかもしれません。

 とにかく少額でも良いので、継続的にこつこつと募金していくのがまずは大事じゃないかと考えています。「塵も積もれば山となる」これは、貯金でも募金でも同じ事が言えます。

 参考にした記事はこちら。基本的には、この記事に書かれている貯金金額が「つもり募金」で募金出来るはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お詫びとか、その他もろもろ

 Twitterやブログコメント等で、僕のブログ更新に関するメッセージを寄せていただいた皆さん、本当にありがとうございます。そして、本当に申し訳ないです。ネットの片隅で、あくまでも趣味的にひっそり更新している当ブログですが、こんなブログでも更新を楽しみに待っている方々が居ることが分かり、とてもうれしかったです。

 昨日の記事では、「僕ができること」とか「小さな節電」なんていう観点からブログ更新を休止すると書きましたが、実際は生活に必要な事を優先させる必要がある為、情報を外向きに発信する余裕が無いと言うのが実態です。そういう点では、昨日書いた理由が半分、今日書いた理由が半分と言う感じです。

 今日は、地震後初めての出勤となります。原発や余震の事、通勤電車や計画停電の状況、そして勤務先が今どうなっているのか、色々な事が今ひとつ掴めていません。それらの状況を整理して、外向きに情報を発信できる余裕が出て来たら、計画停電の状況を見て、節電も心がけつつ、ぽつぽつと更新を復活したいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕が今、とりあえずできること

 3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」により、東京電力管内の電力需給が大変厳しい状態になっています。

 そんな中、僕がとりあえず今出来ることとして、身近なところから小さな節電を行うため、「娯楽」の為に使用するインターネット活動をしばらくやめようと考えています。それに伴い、このブログの更新も電力不足がある程度回復する状況になるまで控える予定です。

 しばらくパソコンの電源を切り、どっぷり浸かり過ぎてすっかり足が抜けなくなっている、僕のこれまでのインターネット環境を一度見直し、僕にとって、ネットとは何かをよく考えようと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワミー(Wammy)は、レゴブロックに匹敵する日本産のすごい知育玩具かも知れない

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、時限爆弾を解除するコードは、赤と青なのか?について

時限爆弾
Original update by dev deploy

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

身長から自分の標準(理想)体重を割り出すBMI値よりも正確な表

 身長から標準体重を割り出す為の目安としては、BMI値が一般的ですが、日本ではBMI値が浸透する以前に、BMIよりも正確で、納得できる調査が行われていた事はあまり知られていません。

標準体重
最低死亡率にもとづく身長別体重表

 これは、明治生命(現明治安田生命)が昭和60年に行った調査です。142万人にも及ぶ大規模な調査で、男女別にその身長で最も長生き出来た体重が実際調査したデータに基づいて決められています。

 データが少し古いのですが、日本人そのものの本質はそんなに変わらないと思いますので、このデータは今も使える物だと思います。ついでに現在、標準体重の指標となっているBMI値(22)も足してみました。

 このデータを改めて眺めてみると、一般的に標準体重とされている体重、BMI値が22の辺り、(身長(m)×身長(m)×22)とは微妙に異なる事が分かります。そもそもBMI値には男女差が存在しないので、ある程度男女の中間を取った値にならざるを得ません。

 そして、一般的に考えられているよりも、これら長生きするための体重は少し上に推移していると思います。健康的な標準体重と、いわゆる「格好よい」と言われるスタイルを維持していく為の体重は少し違うと言うのが、重要じゃないかと思います。

 とにかく痩せてる方が美的って言う考えは、いい加減やめましょうよ。

≫ 警告!県別で体重を争っている場合ではない『日本の女性は痩せすぎ』という問題について

 男も女も、多少ふっくらしていた方が、長い目で見るとかえって勝ち組ですよって事で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

警告!県別で体重を争っている場合ではない『日本の女性は痩せすぎ』という問題について

痩せすぎ女性の国際比較
Original Update by 社会実情データ図録 Honkawa Data Tribune

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

「イー・モバイルは人を騙す」のか?

 下記の記事を読んで。イーモバイルというか、EMチャージの話ですね。

≫ イー・モバイルは人を騙す: emobileは人を騙す

 僕のブログに、「イー・モバイルは、不親切ですよー」と言った趣旨のコメントとリンクを頂いたので、読んでみました。書き込みしたのは、ブログ管理者かもしれません。

 結構難しい話なのでかなり要約します。

 チャージ金額が不足すると自動でクレジットカードからチャージされる「自動チャージ」と常に同じプラン設定に出来る「自動プラン設定」と言う2つの機能を使い、常に「30日定額プラン」(通常5,250円、現在は4,200円)で決められた金額を払いたかったにも関わらず、意識しないまま従量制プランにプラン変更されていて、気が付いたら膨大な通信料金を課金されていた、という話です。

 僕は闇雲にイー・モバイルを非難する立場は取らず、あくまでも冷静に判断してこの記事を書きます。

 まず、イー・モバイルのユーザーサポートの不備、そして不親切さは否定できません。これは間違いなく悪いです。ユーザーサポートの中でも、金銭が絡む問題の場合は、お客様の事情をきちんと聞き、慎重な対応をするべきだと思います。

 そういったことが出来ないのは、サポートに対しては「安かろう悪かろう」の体制を取っている事が透けて見えますね。多分予算的にやりたくても出来ないんだと思いますよ。

 イー・モバイルは、他のモバイル通信と比べても破格の安さを売りにしています。当然安さを追求するため、あらゆる点で経費を削減しているのだと思います。何にでもいえることですが、「製品自体の安さ」と、「サポート体制の薄さ」のバランスと言うのは押しなべて比例しています。

 イー・モバイルを選ぶ方というのは、そういう部分を多少意識して買ってはいるのだと思います。

 今回起きた事態に関しても、少なくとも契約書上は自動チャージや自動プラン設定の説明がされているので、あくまでも契約上はイー・モバイルの言い分が正しいのかなぁと思いますよ。

 ここのラインはきちっと引いておかないと、他の「間違ってたくさんの金額を使ってしまいました」と言うケースまで返金しなければいけなくなります。中にはこの手をずるく使ってくる方が居るかもしれません。

 ただし、イー・モバイル側としては、契約上の話とは別にして、きちっと事情を聞いた上、このような事で金銭的にトラブってしまったユーザーに対しては特例の措置として返金するべきだと思います。

 契約を守る事も大事ですが、お客様の印象はもっと大事です。レアなケースまで契約にこだわってると、客が逃げますよ。印象が良くなり、契約が増えさえすれば、こんな数万レベルのはした金なんて一瞬で取り戻せます。

 イーモバイルに関しては、今のところ、ユーザーよりも利益重視なんでしょう。それでも使っていくと言うユーザーを取り込んで生き残っていくのか、イメージダウンで顧客を逃し消えていくのか、それは自然淘汰というレベルでそのうち分かってくると思います。

 僕は、安かろう悪かろうを身にしみて分かっていますから、すくなくとも課金は出来る限り細かくチェックしようと思っています。慎重すぎて困る事はないですから。

 EMチャージ使ってる方はくれぐれもお気をつけ下さいませ。

 あと、基本的にはEMチャージの問題だと思いますので、最終的にはEMチャージの自動プラン設定、自動チャージの機能が見直されれば良いのではないかと。

 この件で、イー・モバイル全体を非難するのはちょっと違うのではないか、と感じました。

関連記事
≫ イーモバイルが詐欺呼ばわりされている件について - Core
≫ イーモバイルが詐欺呼ばわりされている件について書くよ - OneRingToFind by 榊祐介
≫ イーモバイルの問題点 - 半無限長キープ

 うん。僕も同意見ですよ。まとめになりますが。

  • EMチャージと言う一サービスをイー・モバイル全体の問題と混同して非難してしまっているのは問題かも。
  • イー・モバイルが安さ重視である事を理解し、契約書に書いてある範囲は自己責任レベルとしてしっかりと注意する必要がある。
  • 最終的には、分かりづらい自動チャージと自動プラン設定が見直されれば良い問題だと思う。そっちを議論すべき。
このエントリーをはてなブックマークに追加

年賀状が1月1日に届くためには、何日のいつまでに投函すればよいか

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

堤防釣りの経験から防寒対策のコツについて考える

寒い冬が今年もやってきた

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加