Twitter | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

トップページ > 英語学習についてアーカイブ

「セオリーなんて知らなくて結構。うだうだ調べてないで黙々とやり始めろよ」という話

 英語についてですが。いや、英語に関わらず他の事も含む。

 この方の記事を読んで。

≫ さて、英語は上達したのだろうか - じゃばてないわー オージー放浪編

 英語を学習する為にオーストラリアへ行って、ホームステイをしていると言う話。9ヶ月になるそうです。この姿勢はとても素晴らしいなぁと思いました。

 本当は、こっちの記事が参考になると思って読んでました。

≫ 英語の語順は日本語の倒置文と思っている - じゃばてないわー オージー放浪編

 でも、ブログを少し遡ってみたら、初めの記事がよかったので、これに感化されつつ、あんまり関係ない話を書き始めます。(汗)

 「何かを始めたい!」と思ってしまった時、その事がとても奥深かったり、目標を達成するのに時間が掛かったりするケースであればあるほど、事前情報として何も知らない方が上手く行くと言う実感があります。

 特に英語なんていう、数限りない情報や、星の数ほどの勉強法があるジャンルに関しては、はっきり言ってインターネットから調べていくと言う手段は返って弊害になるかもしれないなぁと思いました。

 インターネットがあると、誰かが敷いた情報の高速道路に乗って、より早くある程度のレベルまで辿り付きたいと思い、異常なほど色々と調べてしまう事があるのですが、そういう時、情報を得れば得るほど変なところへとはまり込んでしまう時があります。

単純に時間の無駄

 「急がば回れ」と言う話もありますけど、インターネットの場合は情報量が膨大すぎて収集するだけでも時間が掛かってしまいます。しかも色んな誘惑がネットに存在しているため、注意が別に行きがちです。

「目標が高すぎて、自分には無理なんじゃないだろうか」と思い始める

 色々調べていくうち、先人達の鮮やかに成功した例や、そのためのプロセスをたくさん見つける事が出来ます。成功例が上手く行き過ぎているほど、凡人である自分とのギャップが大きすぎて、参考にする前にへこみ始めます。大事な一歩を踏む出す為の「もしかしたら出来るかも感」を感じる事が出来ず、かえってやる気を削がれる方に考えが働きます。

 本やテレビなど元々抽出されたエピソードならまだ他人事なのですが、ブログは悪い言い方をすれば、そこら辺の一般人が書いている文章な訳で。身近に感じる分、うまく言ったエピソードは読むに従ってへこんでしまいます。

色んな選択肢が見えてきて、どれを選択してよいか分からなくなってくる

 実に色んな選択肢があり、やってみようかなぁと思う方法が多々見つかるのですが、始めようとする自分がより良い正解を知っているはずも無い為、どの方法を取ればよいのか迷い始めます。それらの方法一つ一つが手間の掛かる物であればあるほど、臆病になり勝ちです。

 またやり始めてみたら、「○○」は無駄。それよりこれ。みたいな情報も入ってきてしまうので、大いに踊らされてしまいます。

 で・・・。

 最終的にあまり効率的でなかった選択肢だったとしても、「これだ!」と一旦決めたら他の情報をあえて入れないと言うのも大事だと思うのです。そうしないと、色んな情報に振り回されて第一歩さえも踏み出せなくなります。

 第一歩さえも踏み出さないでうだうだ調べてる行為が一番無駄です。

 英語に関しては、「セオリーなんてしらなくて結構。うだうだ調べてないで黙々とやり始めろよ。」と改めて思った僕でありました。

 ・・・という事をうだうだ書いてないで、さっさとやり始めろよ、と言うちょっとしたネタでもありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

幼児レベルから始める英語学習の初歩の初歩、リンク集

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

外国のブログの英文が読めるようになりたいと真剣に思っている

 このブログでは、海外のブログ記事を頻繁に紹介していたりしてますが、実を言うと自力では英語がさっぱり読めない僕です。

 翻訳に関しては完全にYahoo翻訳を頼っています。良い事なのか悪いことなのか分かりませんが、機械翻訳だけでも、英文の50%は何とか理解できます。現在は、その何とか意味が理解できた50%の記事から抜粋して、興味ある事柄をここのブログ記事を書いている状況です。以前にも書きましたが、今のところ機械翻訳はYahooが一番優れていると思います。

≫ Yahoo!翻訳 - テキスト翻訳
≫ web界隈:日本語から英語に変換するのに最適な翻訳サービス - 涙目で仕事しないSE

 ただし、この方法では少し長めの英文がさっぱり理解できません。結局、機械翻訳で訳せるのは、今のところ簡単な文法の物だけで、それ以上はある程度限界があると思います。

 とはいえ、もしかしたらあと10年くらいで、完全に英語→日本語翻訳の出来るソフトが出来てしまうのかもしれません。英語が単純に、単語の羅列と配置のみで構成されていると考えるならば、全ての単語とその配置パターンをインデックス化しさえすれば、訳された日本語を機械的に結びつけて網羅する事が可能だと思うのです。

 組み合わせは一体いくつあるのか分かりませんが、数量的な問題は今のご時世簡単にクリア出来ると思います。

 僕自身は、近い将来きっとそうなると思って、英語は機械翻訳で良いかなぁとゆったり構えていたのですが、英語のブログをあちこち見て回ってる内に、本当に面白い文章はここに眠っているのかもしれないと、気付いてきました。

 翻訳ソフトで機械的に訳された文書を推測してるだけでもそう思うのですから、まともに読めてきちんと意味が理解できるようになったらこれほど面白い事はないだろうなぁ、と思ってしまったのです。

 ここで、「英語をやりたい」と言う視点に立って色々考えてみると、僕みたいな30半ばの人が英語を始めるにあたり、中学生や高校生だった時の自分より有利になる点がいくつかあります。

  • web上には、昔は簡単に触れる事が出来なかった生きた英文のテキストが毎日湧き出ている。

 僕が高校生だった20年前は、こうも簡単に、生きた英文へとたどり着く手段がありませんでした。今は、あらゆる英文がwebから、湯水のごとく毎日あふれ出ています。英文のバリエーションも増え、単なるニュースから、趣味、技術的な文章など、自分にとって興味が湧きそうなジャンルを見つけ出す事が可能になっています。

 結局、なんでもモチベーションだと思うのです。それは「きっかけ」ももちろんですが、常に投下される燃料だったりします。どっちかというと大事なのはやり続けるための燃料のほうかもしれません。読みたいと思う文章が常に目の前にあって、次々投入されていれば、なんだか続けていけそうな気がしています。

  • 日本語の語彙が高校生あたりの自分と比べて格段にアップしている。
  • 言語を推測する為の論理力は今のほうが進歩していると思う。

 多分高校生の頃、英語の勉強をしてもさっぱり身に付かなかったのは、この辺りも原因の一つなんじゃないかと思いました。まともな日本語も、ろくすっぽ喋れないし理解できていないあの時の僕が、その上英語まで習おうなんて、ちゃんちゃら可笑しいな、と今になって思います。

 その上興味のない英語を高校生の僕がやろうなんて・・・、絶対に身に付くはずがありません。

 その辺りの反省も踏まえつつ、今のところ英文を読むことに対して非常に興味が湧いてきています。

 まだ何もしてない僕がこんな記事を書くのはなんだかおかしいのですが、これは決意表明みたいなものです。英語のブログ記事がある程度読めるようになる事を来年の目標にしたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

各国の有志が僕の英語を添削してくれるLang-8が面白そう

 最近、ある程度は英語の文章に触れる機会が増えてきたのですが、まだまだ自力で英語の文章を作り出すところまでは到底たどり着きません。

 読むのはちょっとした辞書なんかを頼りに理解できる事もありますが、書きとなれば、もうお手上げです。

 少し練習したいなぁと思っていまして、外国の方が僕の英語の添削してくれれば良いのにと前々から思っていました。

 そんな夢を実現するwebサービスを見つけました。結構良いかもしれません。

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加