Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS
TOP2011年6月

各国を国旗のボールで表現したかわいい世界地図(画像)

polandball_world.jpg

 この地図の拡大画像は以下のリンクより。

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦争からは何も生まれない(コミック)

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

ありえない製造工程で作られるビールのCM(動画)

beer_epic_cm.jpg

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

xkcd: Worst-Case Shopping - 備えあれば憂いなし

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

worst_case_shopping.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Worst-Case Shopping(最悪のケースに備えて)

男1の妄想: Eight meters. There's the wreckage... Yes! I see the key!
 (8メートル到達。何かの残骸がある...。これだ!鍵を見つけた!)

Gotta grab it, Surface, get in to the radio shed, and warn the president!
 (これを掴んで、早く水上へと上がり、ラジオ小屋に入って、大統領に警告しなければ!)

Just a few more...
 (もうちょっと持ってくれよ...。)

Oh no!
 (あぁ、ちくしょう!)

$24.95 Hi-brite:Water redistant to 10 meter
 (24.95ドルのライト:10メートル防水)
$49.95 Fenstar G6: Water resistant to 40 meters
 (49.95ドルのライト:40メートル防水)

男1: ...Maybe I should spring for the deeper water resistance.
 (もしかして...、もっと深い水深まで耐えられる方が良いかな?)

男2: Why on earth would you care about that?
 (一体何の心配をしてるんだ?)

男1: Look, you never know.
 (いや、君にはきっと分からない。)

Alt-text: Wait a minute. If I'm escaping from a submarine at 50 meters, then I'll *definitely* need a flashlight to find air pockets for gradual decompression on the way up. Time to start shopping professional dive lights.
 (ちょっと待て。 水深50メートルで潜水艦から逃げる時、途中で段階的に減圧する為のエア・ポケットを探し出す必要があるから、「確実に」フラッシュライトが必要になるな。今が、プロ用のダイバーライトを買うその時だ。)

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

北オーストラリアで見られる巨大サンダーストーム発生の一部始終(動画)

Thunderstorm_Project.jpg

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

サンダルを履くガチョウがこんなに可愛かったなんて(画像)

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供と手を繋いで歩きたくなる毛糸の手袋「SQUEEZE ME」

SQUEEZE_ME.jpg

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

フラフープ視点からの映像

HULA_HOOP.jpg

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライブ好きな犬(動画)

amazing_driver.jpg

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

xkcd: The Cloud - 「クラウド」の真実

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

the_cloud.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

The Cloud(クラウド)

男: What's this?
 (これ何?)

黒ハット: The cloud.
 (「クラウド」だ。)

男: Huh? I always thought " The cloud" was a huge, amorphous network of servers somewhere.
 (えっ?「クラウド」って、巨大で形が無いどこかのサーバー群のネットワークだと思ってたよ。)

黒ハット: Yeah, but everyone buys server time from everyone else. In the end, they're all getting it here.
 (あぁ。だけど、誰しもが他の誰かからサーバータイムを得るだろ。でも結局、みんな、ここでそれを全て得ているだ。)

男: How? You're on a cable modem.
 (どうやって?君のはモデムケーブルに繋がってるけど?)

黒ハット: There's a lot of caching.
 (ここには大量のキャッシュがある。)

男: Should the cord be stretched across the room like this?
 (コードはこんな風に部屋を横切って引っ張らないとだめなの?)

黒ハット: Of course. It has to reach the server, and the server is over there.
 (もちろんだ。そのケーブルはサーバーに届いている必要があり、そして、サーバーはそっちにある。)

男: What if someone trips on it?
 (誰かがつまずいたらどうするの?)

黒ハット: Who would want to do that? It sounds unpleasant.
 (そんなやつ居るのか?嫌な感じだな。)

男: Uh. Sometimes people do stuff by accident.
 (うむ、人は時に事故を起こす物だよ。)

黒ハット: I don't think I know anybody like that.
 (そんなヤツが居るとは思えないな。)

Alt-text: There's planned downtime every night when we turn on the Roomba and it runs over the cord.
 (ルンバを作動させて、そいつがコードを抜く時、ダウンタイムは毎晩計画される。)

 ...残りの記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加