Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

読書:速読ってなんだろう

 昨日は、休みだったので、丸一日みーたんと濃密な時を過ごした。(子守とも言う)歳のせいか、朝から晩までみーたんの相手をしているとめちゃくちゃ疲れる。

 今までやっていた散歩したり、そういうのとは筋肉の使い方が全然違う。まず、第一に瞬発力が要求される。何か娘がオイタをした時、「あ、それはダメ」と言って止めに入る時の瞬発力はかなりのものを要求されます。それに加えて、最近は大人張りに力が強くなってきたので、押さえつけるにも一苦労です。

 現在娘は16kgあります。自らの意思を持った16kgの肉の塊がぶつかってきたり、時にはすごい勢いで逃げるので追いかけて押さえつけたり、上から乗っかられたり。最終的には、ずっと抱っこです。16kgのダンベル運動。

 そのせいなのか、今、がんがん体重が減っていっています。あまりの減りように自分でも驚いているほど。何か病気じゃないと良いけど・・・と逆に心配しています。確かに1人目が生まれた時もガクンと体重が減ったので、まぁ子育て要因なのだと思います。

 今は、20代から通算しても最低の体重をキープしています。今も減り続けています。もっとも太っていた時期はぶっちゃけていうと、0.1トンに迫る勢いだったのですが、今は四捨五入すれば80kgです。ここ数ヶ月で10kg痩せました。痩せるなら今しかないと思い、かなりの気合を入れて望む所存です。

 どっちが本題だか不明だけど、タイトルの話題。

 本は借りてくるものの、読む時間がなかなか無いこの頃。出来るなら速読でも身に着けたいくらい。

 実際、好きな小説はすごくじっくり読むのだけど、どうでも良い本の読み方の早さったらないです。よく「斜め読み」と表現しますが、本当にそんな感じです。右上から左したまでざーって目線を移動させて、重要な字句だけ拾って最後まで読みます。当然全ては頭に入らないのですが、その本が伝えたかった本質的な部分はだいたい分かります。啓発本だったり、ネット関係の本だったり、それ系はそんな読み方で十分です。

 昨日、かの有名なベストセラー「ホームレス中学生」を図書館から借り、読んだのですが、どのくらいの速さで読み終わるか軽く時間を計って見ました。

 結果、45分で読了。ページ数は191ページ。文字数は1ページから拾ってみたところ、43×16。191ページを掛けて、131408文字。45分で割るから、1分当たり、2922文字。文字でびっしりではないので、2500文字/分って所かな。計算間違ってたらごめん。

 今ネットでさらっと情報を調べてみたら、日本人の平均読書速度って、500文字/分らしいです。ほぉそうなんだ。結構いけてるじゃん。<自分

 ちょっと困ったことにネネは読むのが非常に遅いらしいのです。調べ物をするとき、web上のテキストを一緒に読んだりするのですが、僕が読み終わってさっさとマウスホイールでくりくり次のページへ行くと、「まだ全然読めてないよ!」と言って、プンプン怒ります。日本人の平均読書速度が500文字/分だとすれば、5倍待たないといけないようです。これは辛いなぁ。

 「ホームレス中学生」はなかなか面白かったです。でも、レンタルで十分かな。これ、新書だから1300円なんだよね。単価的に映画より高い気がする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus