Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon

Deer Turrets - シカ砲台

deer_turrets.png

Deer Turrets(シカ砲台)

黒ハット: Was it a mistake to build turrets that can track nearby wireless devices and fire powerful lasers in their general direction?
 (近くの無線機器を追尾し、その大まかな方向に強力なレーザーを発射できる砲台を作ったのは間違いだったのだろうか?)
黒ハット: Sure. I realize that now.
 (そう、今はそれを理解している。)

黒ハット: Was it a mistake to mount those turrets on neighborhood deer, release them, then lose interest in the project and move on?
 (それらの砲台を近所の鹿に搭載して、放ってから興味を失って移動したのが間違いだったのだろうか?)
黒ハット: Yes. Hindsight is 20/20.
 (そうだな、馬鹿の後知恵だ。)

黒ハット: But science is about learning from mistakes
 (しかし、科学は間違いから学ぶものである。)
黒ハット: And not being afraid to make new ones.
 (そして、新しいものを作ることに恐れるな。)

黒ハット: Like inviting you here, but not warning you to put your phones in airplane mode.
 (君をここに招待したのだが、携帯電話を飛行機モードにするよう警告することはない。)
黒ハット: Another mistake, but that's okay.
 (またもやミスしたが、それでいい。)

観客: Is it really?!
 (それ本当なの?)
黒ハット: I think it's fine.
 (大丈夫だと思う。)
鹿: Pew! Pew!
 (ピー!ピー!)

Alt-text: When my great grandfather designed the Titanic and it hit an iceberg and sank, he didn't sit around moping. He took those lessons to his next job designing airships, and he made the Hindenburg completely iceberg-proof!
 (私の曾祖父がタイタニック号を設計し氷山に衝突して沈没した時も、彼はじっとしていられなかった。その教訓を次の飛行船の設計の仕事に活かしたのだ。そしてヒンデンブルク号を完全に氷山に耐えられるようにした。)

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2020年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビの中のネコの行進に混ざりたい子猫(動画)

I_want_to_join.png

 テレビ映像の中で連なって歩くネコの行進に混ざって歩きたくなってしまった子猫の映像です。

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、ネコの動画 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ルンバ船ネコ船長、大海原をゆく」「私のもやもやと猫」他 139ネタ目

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、小ネタまとめ です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネコの手が切れてしま......わない(動画)

look_like.png

 透明なガラスの引き戸に手を出して寝ているネコ。飼い主がガラス戸を閉めていきますが...。(ホラー的な要素はありませんので安心してください。)

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、ネコの動画 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Rabbit Introduction - うさぎの導入

rabbit_introduction.png

Rabbit Introduction(うさぎの導入)

男(プレゼンター): The US's smallest rabbit species is the pygmy rabbit from the Great Basin area.
 (アメリカで最も小さいウサギの品種は、グレート・ベースン地方のピグミー・ラビットです。)
男: We're seeking a grant to introduce them into the east.
 (私達は東部に導入するための助成金を募集しています。)

女(金髪): Are they native here?
 (ここにもともと住んでるの?)
男(プレゼンター): No.
 (違います。)
女(金髪): Will they control some invasive pest?
 (外来種を制御してくれたり?)
男(プレゼンター): Dunno!
 (それもない!)
女(金髪): Then...Why would you do this?
 (そしたら、なんでそんなことするの?)

男(プレゼンター): I don't understand.
 (よくわかりませんが...。)
男(プレゼンター): Did you see how small they are?
 (こんなに小さいうさぎ、見たとこありますか?)
男(プレゼンター): They're so round!
 (こんなに丸っこくて!)
男(プレゼンター): Those tiny ears!
 (小さい耳!)

女(左端): I see. I'm afraid we'll be denying your grant.
 (わかった。残念ながら、助成金は出せません。)
白ハット: Hang on. He is right about their ears...
 (待ってくれ。彼は耳については正しいことを...)
女(黒髪): The little feet!
 (小さい足!)
男(黒髪): I vote we fund them!
 (資金提供することに一票!)

Alt-text: Washington state is seeing great success with reintroducing the Columbia River Basin subpopulation. We cannot allow them to further widen the interstate bun gap.
 (ワシントン州はコロンビア川流域の亜集団の再導入で大きな成功を収めている。これ以上、州間の格差を拡大させるわけにはいかないんだ。)

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2020年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加