Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

メタボ:【97kgから-25kg】30代男性に送るダイエット実録体験記 その4

参照
メタボ:【97kgから-25kg】30代男性に送るダイエット実録体験記 その1 その2 その3

僕が長年思い込んでいた標準体重

2008年02月 体重92kg

 90kgちょっと上辺りが僕の今までの標準体重でした。大学時代に90kgを突破してからはずっと90kg前後を行ったり来たり。たぶん一生このままだと諦めていました。きっと、生活習慣の改善が無ければ一生このままだったのでしょう。

 「子供のころから太っている人は、脂肪細胞の数が増えていて、このためとっても痩せにくい。」と言う説も真面目に信じていました。

 そのような良く分からない理屈では無く、実践が大事です。食生活は変えてませんでしたが、週に一度、豆に散歩へは行っていました。正月のドカ食いムードも終わって、標準の体重に戻ってきた感じです。

ダイエットを決意

2008年03月 体重87kg

 ここで転機が訪れます。息子が産まれました。この月、特に何かした覚えもないのに体重が一気に5kg減りました。

 今になってよくよく考えてみると体重減少の原因はいくつかあって、

  • ウォーキングによる基礎代謝量増加の効果は出てくるのがすごく遅い。半年くらい掛かる。
  • 3歳の娘と1対1で遊ぶ事が非常に多かった。(妻と息子は入院したり、家にずっと居たり)
  • 久しぶりに半徹夜を含む仕事が重なった。
  • 家事をやる機会が増えた

 3月末に体重が減ったのを見て、これは一世一代のチャンスだと思いました。これでダイエットを決意した訳です。

まずやり始めるべき、簡単な3つの事

 ダイエットを決意してからまずやり始めたことは、3つあります。
  • 普段飲んでいる飲み物から一切の糖分を排除する。
  • 体重が減っている事と、ダイエットを決意した事を人に言いまくる。
  • 体重計に毎日数回乗る。

 これらは、それほど辛い事ではないと思います。まず糖分についてですが、飲料から糖分を摂取する必要は全くありません。食事で使われてる甘味料から取れば十分摂取出来ます。会社員の方は、節約も兼ねて、家から飲み物を持ってくるのが一番良いと思います。

 僕はコーヒーを家で作って持ってくるのですが、そこに砂糖を入れることを止めました。作る時間と手間が短縮出来て一石二鳥です。

 コーヒーに関して言うと、酸っぱめのコーヒー(モカとか)は、ブラックだと飲みづらいので、アイスコーヒー用の深入り豆でとにかく苦いコーヒーを作るのが良いと思います。僕の場合ですけど、コーヒーをイタリアンロースト(アイスコーヒー用ブレンド)に変えたら、ブラックでコーヒーが飲めるようになりました。

 コーヒーに砂糖が必要なんて思い込みですよー。特に注意なのは、市販されている飲料です。缶コーヒー、清涼飲料系は、これでもかと言うほど砂糖が入っています。自動販売機とコンビニは、ダイエットにとって敵以外の何者でも有りません。

 残りの2つは心理的な事ですね。ダイエットではよく言われている事です。まず、人に言い触らして背水の陣を敷きます。これで、間食を断る理由になります。

 体重計は朝と夜に乗る習慣をつけましょう。特に朝ご飯前がお勧めです。朝一は思った以上に体重が減っている(寝てる間に代謝が起きるので体重が減ったようにみえる)為、ダイエットが成功してると自らに勘違いさせる事が出来ます。

 この程度の事ですが、これでかなり体重が減りました。

2008年04月 体重84kg

 これで自信が付き、次の月から、本格的にダイエットに取り組んでいきます。(続く)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus