Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > ソフトウェア開発  > 社運を賭けていると言われる「大作」や「大規模システム開発」は大概成功しない法則

社運を賭けていると言われる「大作」や「大規模システム開発」は大概成功しない法則

 下記のはてな匿名ダイアリーを読んで。

 「大作」と言われるゲーム開発を始め、IT業界における大規模システム開発は、その事例自体、元々失敗するファクターを多くはらんでいると思います。大規模であればあるほど、原因は特定の人間でない事が多いです。

 現場にやる気がないのだけは真実らしくて、それは一番偉いクリエイターが気まぐれすぎて下請け会社の作業がストップしたことがあるからだと言っていた。

 これは非常に良くあるケースです。

 大作を作るための下地や準備期間があまり無く、見切り発射すると、方向性を決める権限が特定の人物に集中しがちです。決められたコンセプトだけが一人歩きして、伝達する手段がなく、それを具現化するチームも存在しないため、下請けまで砕かれた仕様が伝わらないのでしょう。

 「社運を賭けてる」と言われているシステムは、大概期限がきっちり定められています。それは、社運を賭けているがゆえ、業務計画としてある程度外向けに情報を公開しなければならないからです。それは株主に影響を及ぼすため、一度決めた計画を簡単には変更できません。

 つまりは、普通のシステム開発よりもはるかに計画変更がしづらいのです。この計画変更のしづらさにより、そもそも期間が変更されるリスクがとても高い大規模なシステム開発とは、性質が合わなくなります。

 「大作」と言われるゲームの場合、オリジナル(パート1)はそのようなプレッシャーや明確な期限が引かれていない為、比較的自由に開発を行うことが出来ます。しかし、そのゲームが当たってしまい、大作と呼ばれるようになると、上記の様な金銭が大いに絡むプレッシャーが乗っかってきて、パート1では普通に出来ていた自由度のある開発が束縛され、どんどんやりにくくなります。

 これは、銀行やガス、電気などのインフラのシステムでも同じことが言えます。絶対に止めてはいけないと言われる業種では、そもそも大規模システム開発と言う物自体、相性が良くないです。

 このような状況で開発を始めると、現場サイドと上層部の意識に必ず隔たりが生まれます。プレシャーをまともに受ける上層部と、遅れを取り戻せない現場サイドでは意識的ギャップが大きすぎて、上手く意思疎通が図れません。

 「気まぐれ」と言われてしまったクリエーターも、上層的な意識に取り込まれている為、現場サイドから見ると気まぐれに見えるのかも。

 一旦このような状況になるともう手が付けられません。根本的な原因が分からない限りは、どのような応急対策を行っても永遠に遅れを取り戻せません。大作と名が付き、続編となってしまった時点で、そのゲーム開発の性質が変わってしまったのです。

 まぁ、だからと言って、大規模システムを成功させる秘訣なんてものは僕には分からないのですが。

 少なくとも、特定の個人を非難するのはおかしいと思いますよ。

関連記事

 まぁ、言わずもがな、ですけど、一応。

 この記事のカテゴリは、ソフトウェア開発 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新ブログ記事一覧

 2018年12月11日
ベランダから下ろした洗濯カゴに乗せられて、隣の敷地から救出されるネコ(動画)
隣の家の庭で動けなくなってしまった飼い猫を何とかして家に帰らせようと試みる飼い主ですが、隣に接し…
 2018年12月11日
Laptop Issues - 問題だらけのノートパソコン
Laptop Issues(ノートパソコン問題) 欄外の声1: Oh no. (おっと。) 欄外の声2: What? (どうしま…
 2018年12月10日
「なんで私の昼寝スポットは動き続けるの?」と不思議がるネコ(動画)
いつまでも動き続けるルームランナーの上で落ち着ける場所を見つけようとする、無茶な考えを持ったネコ…
 2018年12月09日
「双眼鏡越しに写真を撮ったら惑星っぽい」の画像をきっかけに類似の画像が集まる
「双眼鏡のレンズ越しに写真を撮影したら、惑星のようだった」と言うタイトルで投稿されたこの画像。確…
 2018年12月08日
枕の山の中からネコを探せ!(動画)
ベッドの上にたくさんのまくらが並べられていますが、この中にネコが潜んでいます。さて、どこにいるで…
 2018年12月08日
ロシアの子供たちは、ブランコを雪の中から掘り出して遊ぶ(動画)
ロシアの子供たちは、どんなに大雪が降っても公園にある遊具は本来の機能のまま遊びたいみたいで、雪を…
 2018年12月08日
Mercator Projection - 「メルカトル図法の真実」の間違った利用法
Mercator Projection(メルカトル図法) 男: Did you know Canada is actually a smallish island in…
 2018年12月07日
「今年も来たツリーの破壊者」「ワープする路面電車」他 51ネタ目
【小ネタまとめ】の記事は、日々の小ネタツイートの中から反応が良かったものをまとめて掲載します。これ…
 2018年12月06日
「だるまさんが転んだ」を遵守しつつ、飼い主を狩りに来るネコ(動画)
「だるまさんが転んだ」のルールに従い、撮影者が覗いた時はピクリとも動かず、見ていない隙に着実に迫…
 2018年12月06日
Middle Latitudes - 中緯度は最悪
xkcd: Middle Latitudeshttps://xkcd.com/2081/ Middle Latitudes(中緯度) 男: It would be nice …
 2018年12月05日
よっ、脱獄名人!部屋を仕切る柵を軽々と飛び越えるフレンチブルドッグ(動画)
フレンチブルドッグのピクルスさんは、飼い主がリビングルームへ入って来ないように仕切っている2~3フ…
 2018年12月04日
「昨日飛行機に乗ったら、雲が島の上だけにあった」の画像にトリビアが集まる
『昨日、飛行機に乗ったんだけど、雲が島の上にしかないことに気づいた。』と言うタイトルで投稿された…