Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

EMチャージは万人受けしないが、僕にとっては最も快適な接続形態である

 EMチャージを2008年10月に契約し、気がつくと半年以上経っていました。半年の節目として良い機会ですので、EMチャージの近況、最近の僕の関わり方などを書いてみます。契約時や今までの経過を読みたい方は、下記の記事を参照してください。

EMチャージの価格について

 EMチャージで、価格面での最も大きなトピックスは、少し古い情報ですが、「30日定額プランの料金が値下げした」と言うことです。

 昔の料金設定の5,250円に比べれば、この値下げはかなり大きいです。この7月に、"UQWiMAX"が本格的サービスを始めましたが、あちらは、4,480円/月の定額料金ですので、それよりは多少、お安くなっております。

 ただし、データ通信サービスで最安値とはいえない状況ではあります。WILLCOMの新つなぎ放題が、現在3,880円/月となってます。まぁ、WILLCOMは、最大512Kbpsですので、サービスを単純には比べられませんが。

EMチャージの速度について

 UQWiMAXは、理論値で最大40Mbps出るらしい(実測では16Mくらいらしい)ですが、まだまだ人口カバー率が低いです。現在でも50%足らず。2012年には90%近くになるようですので、少なくともそこまでは待ちでよいと思います。

 EMチャージについては、人口カバー率90%に達しましたので、圏外エリアの心配はほぼ無くなりました。

 EMチャージ(イーモバイル)の速度については、僕が今使用しているD01NEと言う、PCカードタイプのデータ通信端末(下りの最大通信速度3.6Mbps)で、以下の様に出ています。

  • 自宅(2階建ての2F木造。窓際。): 2.2Mbps
  • 事務所の建物内(4階建ての4F、鉄筋。窓から10mほど奥のエリア): 1.3Mbps

 両場所とも、埼玉県の国道16号のちょい外側です。

 通信速度が1Mbps以下の接続場所や状態だと、電波状態が悪い為に通信が切れる事がありますので、あまり実用的ではありません。つまり、イーモバイルの実効通信速度は、下りで2.2M?1.3Mくらいと言えます。

 ちなみに、7.2Mbpsのデータ通信カードを使ってる人にも速度について聞いてみましたが、7.2Mbpsの通信カードのアドバンテージと言うのはさほど無く、大体その辺りの速度が出ているようです。

 EMチャージを考えている方は、「2.2M?1.3Mで、月4,410円」と言う事を念頭に入れて考えればよいと思います。

 なお、イーモバイルが最近発表した「最大21Mbpsデータ通信サービスを8月上旬より提供開始」については、とりあえずEMチャージとは絡まないので無視です。

データ通信カードD01NEの今後

 僕の中で最近ネックになっているのは、「PCカードタイプのデータ通信カード買っちゃったけど、これからどうすっか。」って事です。ネットブックなんかは、もうPCカードなんか付かなくなってますし、すでに枯れているインターフェイスと言えなくもないです。

 でもこれに関しては、ちゃんと救済策があって、下記のUSB変換PCカードアダプターを買えばUSB接続で使い続ける事が出来ます。

I-O DATA EMOBILEデータカード用USB変換アダプター USB2-PCADPN
アイ・オー・データ (2009-04-10)
売り上げランキング: 2352

 これはうれしい!ノートを買い換える予定は今のところないですが、覚えておこうと思います。きっと2,3年後に必要となるはず。

まとめ

 EMチャージはけして万人に受け入れられる通信形態ではありません。EMチャージを使ってメリットを感じられる人は、おおむね下記のような人でしょう。
  • 小遣い制など、あてがわれた出費の中で通信費をやりくりしたい人
  • 細かなプラン変更、チャージが苦にならない人
  • 家などで、常時接続が確保されていて、かつ、別途カード通信を確保したい人
  • 多少なりとも、戸外でのPC接続の機会がある人
  • カード通信がメインじゃない人(最低でも月1回)

 まぁ、これはまんま僕の事ですが。(汗)

 僕の最近の使い方ですが、大体月2,3回のペースで、1日定額か1時間定額の接続をしています。使わないときは0円ですし、利用ペースは全くの気まぐれですが、出費は平均して月1,000円のペースとなってます。このフットワークの軽さが一番の利点ですかね。

 さあ、あなたもEMチャージ仲間になりましょう。

 これを使えば、無線LANだって作れちゃう。歩くWi-Fiポイント。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus