Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd - Academia vs. Business : 美しいコードは、千のバイナリになって

academia_vs_business.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Academia vs. Business(学術研究 対 ビジネス)

I just wrote the most beautiful code of my life.
 (私は、たった今人生で最も美しいコードを書き上げた。)

They casually handed me an impossible problem. In 48 hours and 200 lines, i solved it.
 (彼らは、平気な顔をして不可能な問題を私に手渡した。48時間と200の行で私は、それを解決した。)

[Academia:](学術研究:)

My god... This will mean a half-dozen papers, a thesis or two, and a paragraph in every textbook on queuing theory!
 (なんてこと・・・。これは、この分野の様々な論文や待ち行列理論のあらゆるテキストの一節となりうるものだわ!)

[business:](ビジネス:)
You got the program to stop jamming up? Great. While you're fixing stuff, can you get outlook to sync with our new phones?
 (君のプログラムで仕事の停滞が止まったって?よろしい。君が直すことで、電話と同期を取る見通しがたったな。)

Alt-text: Some engineer out there has solved P=NP and it's locked up in an electric eggbeater calibration routine. For every 0x5f375a86 we learn about, there are thousands we never see.
 (何人かのエンジニアは、「P=NP問題」を解決した。そして、それは電気泡だて器の較正ルーチンの中にしまいこまれている。我々が学ぶ全ての0x5f375a86の為に、我々が決して見ることが出来ない幾千がある。)

補足

 ビジネスにおいて美しいコードとは、行き着くところ、無駄の無いコードであって、それは効率化以外の効果は生み出せない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus