Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: HDTV - フルハイビジョンテレビの良さって何だろう

hdtv.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

HDTV(フルハイビジョンテレビ)

男1: Check out my new HDTV - a beautiful, High-def 1080p.
 (僕の新しいフルハイビジョンテレビ見てよ。高精細で1080pなんだ。キレイでしょ。)

男2: Wow, that's over twice the horizontal resolution of my cell phone.
 (おぉ、それって僕の携帯電話の水平解像度と比べたら2倍以上じゃないか。)

In fact, it almost beats the LCD monitor i got in 2004.
 (実際、2004年に僕が手に入れたLCDモニターでほとんど実現できてたよ。)

[It baffles me that people find HDTV impressive.]
 (人々がフルハイビジョンテレビに感動してる様を見ると、僕は困惑します。)

Alt-text: We're also stuck with blurry, juddery, slow-panning 24fps movies forever because (thanks to 60fps home video) people associate high framerates with camcorders and cheap sitcoms, and thus think good framerates look 'fake'.
 (僕らも、ぼんやりして、ブレがちな、ゆっくりとパンする24fpsの映画にずっとこだわり続けるます。だって、60fpsのホームビデオのせいで、フレームレートが高いと、低予算のコメディや、フェイクドキュメンタリーによくある手持ちカメラを連想してしまうから。)

補足

 ハイビジョンテレビの解像度は、いくら高精度だと言ってもたかだか1920×1080どまり。パソコンの解像度は何年も前から普通にそのレベルに達していた。

 携帯電話の解像度がどんどん高精度になって、水平解像度で言うと、既にフルハイビジョンの半分まで来てると言うのは盲点だった。確かにそう。

 alt-textは無理やり訳したけど意味が通じず。高フレームレートで動画を見ると、昔が懐かしくなって、結局、低いフレームレートで十分って事だと思うのだけど。

追記(2010.4.27)
 電気どうぶつさんから頂いたコメントを元に訳を修正しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus