Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: 1996 - グラフ計算機の不思議

 このカテゴリーの記事は、世界で最も人気があるウェブコミックxkcdの最新コミックをひたすら日本語に翻訳していくシリーズです。今回のコミックはこちら。

1996.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

1996(1996年)

男: Check it out - old computer shoppers! Wow - in 1996, $3,000 would get you a 100 MHz pentium system with a parallel port, two serial ports, a 2MB video card, and "MS-Windows"
 (これ見て!昔のコンピューターショッピングカタログだよ。わぉ!1996年当時、3000ドルだと、パラレルポート、2シリアルポート2MBのビデオカードと「MS-Windows」が付いて、100MHzのペンティアムシステムが買えるんだって。)

女: Nice!
 (いいね!)

女: And $299 would get you a palm pilot 1000-16MHz, 128KB storage, and a memo pad, calendar, and state-of-the-art address book that can store over 100 names!
 (それから、299ドルだと、100名以上の名前がストック出来る最新のアドレス帳、カレンダー、メモ帳が付いた、記憶容量128KBの1000-16MHzのplamが手に入るらしい。)

男: Oooh!
 (すげ!)

男: And $110 would get you a bulky Ti graphing calculator with around a 10MHz CPU, 24KB RAM, and a 96x64-Pixel B/W display!
 (そんで、110ドルだと、10MHzCPU、24KBRAM、96x64-Pixelでモノクロ表示する分厚いTI製のグラフ計算機が買えるみたいだよ!)

女: Time sure have... ...have...Uh.
 (時間は確実に過ぎてるはずよね・・・うーん。)

男: Okay, what the hell, T.I.?
 (ん?T.I.が一体どうした?)

女: Maybe they cost so much now because there's only one engineer left who remembers how to make displays that crappy.
 (たぶん、あのひどい表示方法を忘れない技術者だけが残ってるから、T.I.は、今、凄く金がかかるんでしょ。)

Alt-text: College Board issues aside, I have fond memories of TI-BASIC, writing in it a 3D graphing engine and a stock market analyzer. With enough patience, I could make anything ... but friends. (Although with my chatterbot experiments, I certainly tried.)
 (大学入試の時のメモリとは別に、僕は、3Dグラフ化するエンジンと株式市場アナライザーをTI-BASICで書いて、グラフ計算機の中に今でも記憶させています。当時、十分な忍耐があって、僕は何でも作る事が出来ました。でも、友達は・・・。(チャットボット実験だけども、僕は確かに、試みました。))

補足

 1996年当時のコンピューターショッピングカタログを見つけ、昔の記憶に酔いしれる男女。コンピューターがいかに進歩して、相対的に価格が安くなってきたかを話しているが、その最中、当時の「グラフ計算機」の価格を知り愕然とする。

 どうやら、1996年のグラフ計算機は今と同じ機能で、値段が安いらしい。なぜ、グラフ計算機だけ技術の進歩が無いのか、価格が下がらないのか不思議という話。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus