Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳  > Pumpkin Carving - それぞれのジャック・オ・ランタン彫り

Pumpkin Carving - それぞれのジャック・オ・ランタン彫り

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリーでどうぞ。

pumpkin_carving.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Pumpkin Carving(かぼちゃ彫り)

誰か: So what did you-
 (何してたの?)

白ハット: I carved a pumpkin!
 (カボチャにカボチャを彫ってたんだ!)

誰か: Taking on teen vandals, I see.
 (10代の荒らしを雇うんだな。わかった。)

黒ハット: Heavens, no. My pumpkin simply has chest pains. In fact, I'll leave a note warning them not to smash it.
 (とんでもない。僕のカボチャは、単に、胸痛持ちなんだ。実際、これを潰さないように警告するメモは貼っておくよ。)

女: My pumpkin's name is Harold. He just realized that all the time he used to spend daydreaming, he now spends worrying. He'll try to distract himself later with holiday traditions, but it won't work.
 (私のカボチャは、ハロルド。彼がこれまで空想することに費やした使った全ての時間、自分の心配に費やそうと、たった今気づいた。彼は、休日の伝統で、自分自身の気を紛らわそうする。でも、きっとうまくいかない。)

男: I carves and carved, and the next thing I knew I had two pumpkins.
 (僕は刻みに刻み、気がついたら、2つのカボチャになっていた。)

誰か: I told you not to take the axiom of choice.
 (選択公理をしないよう、君に言っただろ。)

Alt-text: The Banach-Tarski theorem was actually first developed by King Solomon, but his gruesome attempts to apply it set back set theory for centuries.
 (バーナハ-タルスキー定理は、実はソロモン王により、最初に開発されました、しかし、それを適用する彼の恐ろしい試みは何世紀もの間、集合論を阻み続けました。)

補足

 白ハット、黒ハット、女、男、それぞれが、ハロウィンで使うジャック・オ・ランタンをカボチャから作る。

 白ハットは、カボチャの中にカボチャを彫る。

 黒ハットは、カボチャの中にニトログリセリンを仕込む。理由は、黒ハット曰く、カボチャが心臓病持ちだから。

 女は、自分の気持ちをカボチャに投影している。

 男は、選択公理により可能となる、「バナッハ=タルスキーのパラドックス」を使い、1つのカボチャをバラバラに分解して、2つのカボチャを作り上げる。

選択公理とは公理的集合論における公理のひとつで、どれも空でないような集合を元とする集合(すなわち、集合の集合)があったときに、それぞれの集合から一つずつ元を選び出して新しい集合を作ることができるというものである。

XKCD作者が書いた本

 XKCDの作者、ランドール マンロー氏の著作本『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』を紹介します。ウェブサイトに投稿された科学のおかしな質問を、XKCDばりの捻くれ方で回答し、それらを本にまとめたものです。こちらも面白いので是非に。

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事と広告

最新ブログ記事一覧

 2018年12月10日
「なんで私の昼寝スポットは動き続けるの?」と不思議がるネコ(動画)
いつまでも動き続けるルームランナーの上で落ち着ける場所を見つけようとする、無茶な考えを持ったネコ…
 2018年12月09日
「双眼鏡越しに写真を撮ったら惑星っぽい」の画像をきっかけに類似の画像が集まる
「双眼鏡のレンズ越しに写真を撮影したら、惑星のようだった」と言うタイトルで投稿されたこの画像。確…
 2018年12月08日
枕の山の中からネコを探せ!(動画)
ベッドの上にたくさんのまくらが並べられていますが、この中にネコが潜んでいます。さて、どこにいるで…
 2018年12月08日
ロシアの子供たちは、ブランコを雪の中から掘り出して遊ぶ(動画)
ロシアの子供たちは、どんなに大雪が降っても公園にある遊具は本来の機能のまま遊びたいみたいで、雪を…
 2018年12月08日
Mercator Projection - 「メルカトル図法の真実」の間違った利用法
Mercator Projection(メルカトル図法) 男: Did you know Canada is actually a smallish island in…
 2018年12月07日
「今年も来たツリーの破壊者」「ワープする路面電車」他 51ネタ目
【小ネタまとめ】の記事は、日々の小ネタツイートの中から反応が良かったものをまとめて掲載します。これ…
 2018年12月06日
「だるまさんが転んだ」を遵守しつつ、飼い主を狩りに来るネコ(動画)
「だるまさんが転んだ」のルールに従い、撮影者が覗いた時はピクリとも動かず、見ていない隙に着実に迫…
 2018年12月06日
Middle Latitudes - 中緯度は最悪
xkcd: Middle Latitudeshttps://xkcd.com/2081/ Middle Latitudes(中緯度) 男: It would be nice …
 2018年12月05日
よっ、脱獄名人!部屋を仕切る柵を軽々と飛び越えるフレンチブルドッグ(動画)
フレンチブルドッグのピクルスさんは、飼い主がリビングルームへ入って来ないように仕切っている2~3フ…
 2018年12月04日
「昨日飛行機に乗ったら、雲が島の上だけにあった」の画像にトリビアが集まる
『昨日、飛行機に乗ったんだけど、雲が島の上にしかないことに気づいた。』と言うタイトルで投稿された…
 2018年12月04日
Cohort and Age Effects - イラっとくるコホート効果と年齢効果の混同
xkcd: Cohort and Age Effectshttps://xkcd.com/2080/ Cohort and Age Effects(コホート効果と年齢…
 2018年12月03日
犬とネコによる、透明フィルムの障害物対処方法の違い(動画)
ペット達がいつも通るドアに透明なフィルムを貼り付け、その障害に対してネコと犬がどのような反応を示…