Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Stingray Nebula - 勇気をもらう星は安定した星で

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリーで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。

stingray_nebula.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Stingray Nebula(アカエイ星雲)

男1: I know things are tough right now. When I was going through some difficult times as a kid, I would go up on the roof and look through my telescope.
 (いろんな事が今困難なのはわかってる。僕が子供の頃、大変だった時期、屋根の上に登って望遠鏡で星空を眺めてた。)

One day I found a tiny star in ara that seemed friendly.
 (ある日、僕は親しみを感じる星座の中の小さな星を見つけたんだ。)

There were millions like it, but I decided that this one was mine.
 (そんな星は数百万とある。でもこの星が僕のものだと決めたんだ。)

When things got bad, I'd go find that star, and think of my favorite Tolkien quote. It's from Sam's time in Mordor.
 (良くないことがあったとき、僕はその星をみつけて、大好きなトールキンの引用について考える。それは、モンドールのサムの場面からの引用だ。)

"There, peeping among the cloud-wrack above a dark tor high up in the mountains, Sam saw a white star twinkle for a while. The beauty of it smote his heart, as he looked up out of the forsaken land, and hope returned to him. For like a shaft, clear and cold, the thought pierced him that in the end the shadow was only a small and passing thing: there was light and high beauty forever beyond its reach."
 (訳を省略します。)

-- The return of the king
 (「王の帰還」より)

男2: That's comforting!
 (元気づけられた!)

男1: It was rather undercut in 1987, when the light from my star's explosion reached earth. The debris forms the stingray nebula.
 (星の爆発からの光が地球に届いて、1987年に、少し弱まったんだ。その残骸がアカエイ星雲を形作っている。)

男2: There's probably a lesson there.
 (たぶん、ここに教訓があるね。)

男1: "Never trust an unstable asymptotic giant branch star. Stick with main sequences and dwarfs."
 (不安定な漸近巨星分枝星を信用しないこと。主系列とこびとからは離れない事。)

男2: I'll , uh, keep that in mind.
 (うむ、心に刻んでおくよ。)

Alt-text: Eärendil will patrol the walls of night only until the sun reaches red giant stage, engulfing the Morning Star on his brow. Light and high beauty are passing things as well.
 (太陽が赤色巨星段階に達するまで、ただエアレンディルは夜の壁伝いに巡回します。そして、彼の額の上で明けの明星をのみ込みます。その光と美しさは、同様に物事を乗り越えます。)

補足

 僕があまり詳しくない、天文学と指輪物語が組み合わさった話の為、訳がかなりあやふやになってしまった。もし間違っていたらバシバシと指摘いただきたい。指輪物語の引用の訳については、時間がなくなった為、断念。

 今回の話は、不安定な星に親しみを感じ、そこから勇気をもらうのはやめた方がよいと言う話。

 Stingray Nebula(アカエイ星雲)についてはこちら。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus