Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: 1999 - ある世界的サイトの誕生秘話

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

1999.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

1999(1999年)

[It's easy to forget, as we heap awards on the social network,
 (忘れるのは簡単だ。我々がソーシャルネットワークの上に賞を重ねる間、)

That before there was facebook, my space, or even friendster...
 (それは、facebook、MySpace、friendsterよりも前に存在した。)

One website dreamed bigger than them all.]
 (そのウェブサイトは、それらの全てよりも大きくなろうと夢見た。)

男1: People like doing stuff. so why not build a website that offers that?
 (人々は物事をなすのが好きだ。だから、それを提供するウェブサイトを作らないか?)

男2: Offers what? What would i do there?
 (何を提供する?僕はそこで何をするんだ?)

男1: Anything! the only limit is yourself!
 (全てさ!唯一の制限は君自身だ!)

男3: Hey, we need more-
 (おーい、もっと必要なんだ...)

男1: Don't - He's wired in.
 (待て。こいつは今繋がってる。)

男2: The infinite is possible.
 (「無限」は可能だ。) 

男1: Or baked. It's hard to tell.
 (もしくは、逝っちゃってる。今話すのは難しい。)

男1: It's time to monetize. We could make millions!
 (そろそろ、現金化する時じゃないか?僕らは大金持ちになれるよ。)

男2: No way. A million dollars isn't cool. You know what's cool?
 (まだだ。100万ドルなんてクールじゃないよ。本当のクールは何か知ってるかい?)

男1: A billio-
 (10億・・・)

男2: Circles.
 (「輪」だ。)

ウェーター: Hey- a tip: drop the dot.
 (へい、アドバイスだ。ドットは落としちゃえよ。)

Just "Zombocom."
 (「Zombocom」みたいに。)

It's cleaner.
 (もっとすっきりする。)

alt-text: 'Whoa, twenty-two in two hours!' 'Your site got twenty-two hundred hits in two hours?' 'No. Twenty-two. But still, that's like half the people on the internet!'
 (「うわ。2時間で22だよ!」「君のサイトは、2時間で2200ヒット稼いだのかい?」「いや、22だ。でもそれって、インターネット総人口の半分みたいだよ!」)

補足

 映画「ソーシャル・ネットワーク」のパロディ。

 ただし、その題材となるウェブサイトはfacebookではなく、1999年に開設され当時話題となったシュールなサイト「zombocom」。サイトへのリンクは下記。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus