Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Cougars - 子どもをもうけてはいけない理由

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

cougars.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Cougars(クーガー)

父: Whoa, ever seen wikipedia's list of people who were attacked and killed by cougars?
 (うわぁ...、クーガーに攻撃され殺された人々のWikipediaリストをみたことがあるかい?)

Crazy how many of them were kids who were just playing outside their houses.
 (この中でもっとも狂っている事例は、自分の家の外で遊んでいた子どもだな。)

[Reason #58 I should never have children: My love of learning and sharing knowledge about the world.]
 (僕が子どもをもうけてはいけない理由58番目:世界についての知識を学び、共有することに対する僕の愛情)

Alt-text: If you're lying in bed tonight and you see yellow eyes glinting in your window, are you being stalked by a puma, a mountain lion, a panther, a catamount, or a cougar? Trick question--in North America, they're all names for the same species, Puma concolor! Isn't learning fun? Anyway, sleep tight!
 (君が今夜ベッドに横たわり、そして黄色い目が窓の外で光っているのを見たら、それは、ピューマか、マウンテンライオンか、ヒョウか、ヤマネコか、クーガーのどれに後をつけられているのでしょうか?引っ掛け問題...北アメリカでは、それらは同じ種(Puma con color(学名))に付けられる名前です。学習は楽しい?とにかく、ぐっすり眠ってください!)

補足

 子どもが居ない作者の、子どもをもうけてはいけない理由について書かれたコミック。それは、世界の知識を学習し、共有する事をこよなく愛する作者が、クーガーに攻撃され殺された人々のWikipedia記事も子どもと共有してしまうから。

 北アメリカで、クーガーに攻撃され殺された人々のWikipediaリストは下記。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus