Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

【xkcd】 Swiftkey - 典型的な文章の自動生成

  • このカテゴリーでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

swiftkey.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Swiftkey(スイフトキー)

男: Have you tried Swiftkey? It's got the first decent language model I've seen.
 (「Swiftkey」って試したことある?僕が見た中で、一番良く出来た言語モデルが入ってるんだ。)

It learns from your SMS/e-mail archives what words you use together most often.
 (こいつは、君のソーシャルネットワークサービスやEメールのアーカイブから、どんな単語が最も頻繁に組み合わせられるのかを学習する。)

Space-bar inserts its best guess.
 (スペースバーで、それらのベストな推測結果が入るんだ。)

So if I type "the Empi" and hit space three times, it types "the Empire Strikes back."
 (例えば、もし、「the empi」を入力して、スペースを3回押すと、「the Empire Strikes back.」がタイプされる。)

女: What if you mash space in a blank message?
 (空白のメッセージでスペースを叩いたらどうなるの?)

男: I guess it fills in your most likely first word, then the word that usually follows it...
 (多分、君が最も書きそうな最初の単語で始まる。それから、その単語で次の単語が補完されていくはず・・・。)

女: So it builds up your "typical" sentence. cool! Let's see yours!
 (だったら、最も「典型的な」文章が構築されるのね。すごい!あなたのでやってみようよ。)

男: uh-
 (うわー。)

[I] [am] [so] [sorry] [that's] [never] [happened] [before.]
 (ホントごめん。今までこんなことはなかったんだけど。)

Alt-text: Although the Markov chain-style text model is still rudimentary; it recently gave me "Massachusetts Institute of America". Although I have to admit it sounds prestigious.
 (「マルコフ連鎖型テキストモデル」はまだ初歩の段階だが。こいつは、最近、僕に「アメリカのマサチューセッツ研究所」を与えた。だけども、それが一流みたいに聞こえる事を僕は認めなければならない。)

補足

 Swiftkeyは、現在、アンドロイドのみにあるアプリケーション。日本語化はまだ。コミックの中にあるように、前の語から次の単語を推測で保管してくれる便利なツールらしい。

 これを何もない状態から使用すると、その人が最も打ち込みそうな文章が出現してくるという話。ちょっと試してみたくなってきた。

 ところで、「I am so sorry that's never happened before.」のニュアンスがいまひとつ訳せなかったのだけど、実際どんな感じなんだろう。「これからなんかやらかすかもしれないから、とりあえず今のうちに謝っとく。」って感じでよいのかしら。

追記(2012.6.24)

 コメントを参考に訳文を変更しました。ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus