Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Angular Size - 角サイズ

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

angular_size.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Angular Size(角サイズ)

[The size of the part of earth's surface directly under various space objects]
 (様々な宇宙に浮かぶ物体を直接、地球の表面に投影した大きさ)

Alt-text: If the celestial sphere were mapped to the Earth's surface, astronomy would get a LOT easier; you'd just need a magnifying glass.
 (天球が地球の表面に配置されるのなら、天文学はとっても簡単になるだろう。虫眼鏡だけが必要になる。)

補足

 コミックの初めの図に示される通り、地球の中心を頂点として、宇宙の様々な物体を地球の表面上に投影した見かけ上の大きさが表されている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus