Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: 2014 - 過去からのメモ書き

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年)からどうぞ。2013年分も作成予定ですが、諸事情により少し遅れております。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

2014.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

2014(2014年)

Notes from the past
 (過去からのメモ)

It's desirable every thing printed should be preserved, for we cannot now tell how useful it may become two centuries hence.
 (全ての出版物は、保存される事が望ましい。なぜなら我々は、それらが2世紀後にどれくらい役に立つのか、今、見分けることは出来ないから。)
Christopher Badwin
1834

I predict that a century hence the Canadian people will be the noblest specimens of humanity on the face of the earth
 (私は1世紀後、カナダ人が地球の人類上、最も立派な見本になると予測する。)
Rev. John Bredin
1863

In the twenty-first century mankind will subsist entirely upon jellies.
 (21世紀、人類は完全にゼリーで生活する。)
The Booklover
1903

The twenty-first century baby is destined to be rocked and cradled by electricity, warmed and coddled by electricity,
perhaps fathered and mothered by electricity. Probably the only thing he will be left to do unaided will be to make love.
 (21世紀の赤ん坊は、電気により揺らされ、あやされ、電気により暖まり、世話される、もしかすると、電気が父代わりになり、母代わりにもなる。おそらく、赤ん坊が独力で任される唯一の事柄は、愛しあうことだ。)
Mrs. John Lane, The fortnightly
1905

To-day, in the city of New York, sixty-six different tongues are spoken. A century hence, there will probably be only one.
 (今日、ニューヨークでは、66の異なる言語が話されている。1世紀後は、多分、わずかに1つだろう。)
The American Historical Magazine
1907

I often think what interesting history we are making for the student of the twenty-first century.
 (私は、我々が21世紀の学生のために、どんな面白い歴史を作れるのか、しばしば考える。)
Willian Carey Jones
1908

China may be a great shoe market a decade or a century from now.
 (中国は、10年、または今から1世紀、巨大な靴市場となるかもしれない。)
Boot and Shoe Recorder
1914

We cannot settle the problem, and I venture the prophecy that perhaps a century from now this same question may be brought before some future society and discussed very much as it is tonight.
 (我々は問題を解決することが出来ない。そして、これからの1世紀、ひょっとすると同じ質問が、何度かの将来の社会に持ち越されるかもしれず、今晩のように激しく議論するという予言を思い切って言おう。)
Dr. Barton C. Hirst on the subject of abortion
 (中絶をテーマにDr. Barton C. Hirst)
1914

By the twenty-first century I believe we shall all be telepaths.
 (21世紀までには、我々全員がテレパシー能力者になるとあると確信している。)
Gumbriel, character in Antic Hay
1923

The physician of the twenty-first century... may even criticize the language of the times, and may find that some of our words have become as offensive to him as the term "lunatic" has become offensive to us.
 (21世紀の医者は... その時代の言語を批判するさえするかもしれない。そして、「ルナティック」と言う専門用語が、我々にとって不快になったように、我々の単語の幾つかも、彼にとって不快になった事が分かるかもしれない。)
Dr. C. Macae Campbell
1924

Historians of the twenty-first century will look back with well-placed scorn on the shallow-minded days of the early
twentieth century when football games and petting parties were considered the most important elements of a college education.
 (21世紀の歴史家は、フットボールの試合とペッティングパーティが、大学教育で最も重要な要素と考えられた20世紀前半の浅はかな日々の上に、高い地位からの軽蔑を持ちつつ、振り返る。)
Mary Eileen Ahern, Library Bureau
1926

In the year A.D. 2014 journalists will be writing on the centenary of the great war - that is, if there has not been a greater war.
 (2014年のジャーナリストは、第一次世界大戦の100周年を書くだろう。つまり、もし、より大きな戦争がなかったなら。)
F.J.M, The Journalist
1934

Alt-text: Some future reader, who may see the term, without knowing the history of it, may imagine that it had reference to some antiquated bridge of the immortal Poet, thrown across the silver Avon, to facilitate his escape after some marauding excursion in a neighboring park; and in some Gentleman's Magazine of the next century, it is not impossible, but that future antiquaries may occupy page after page in discussing so interesting a matter. We think it right, therefore, to put it on record in the Oriental Herald that the 'Shakesperian Rope Bridges' are of much less classic origin; that Mr Colin Shakespeare, who, besides his dignity as Postmaster, now signs himself 'Superintendent General of Shakesperian Rope Bridges', is a person of much less genius than the Bard of Avon. --The Oriental Herald, 1825
 (将来の何人かの読者(その人は用語を見るかもしれない)は、近所の公園でいくらか略奪する襲撃の後、彼の脱出を手助けする為、シルバー・エイボンの向こうに投げられた不朽の詩人の幾つかの古びた橋への言及をしたと、その歴史を知ることなく、想像するかもしれない。そしてそれは、来世紀のいくつかの「Gentleman's Magazine」において、未来の古美術商が、興味深い問題を議論する中で、何ページも埋めることは、不可能でない。我々は、『シェイクスピアの吊り橋』が、それほど古典的な起源ではないことを東洋のヘラルドで記録するのは正しいと、考える。Colin Shakespearさん(郵便局長としての誇りの他に、現在『シェークスピアの吊り橋の管理責任者に現在、名を連ねる)は、エイボンの鳥よりも、かなり才能に乏しい人です。--東洋のヘラルド、1825)

補足

 過去の人が残した、将来に関するメモ書き。一応、2014年に関係ありそうな物がチョイスされてる気がする。Alt-textは、直訳しましたが、文脈のバックグラウンドが分からなかったので、今ひとつ意味が通じず。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus