Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: 4.5 Degrees - 1氷河期単位

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年2013年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

4_5_degrees.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

4.5 Degrees(4.5度)

Without prompt, aggressive limits on CO2 emissions, the Earth will likely warm by an average of 4°-5°C by the century's end.
 (二酸化炭素の排出に対する迅速、かつ、積極的な制限がなければ、地球は今世紀の終わりまでに平均4?5℃程暖かくなる見込みです。)
How big a change is that?
 (その変化はどのくらい大きいのでしょうか?)

In the coldest part of the last ice age, Earth's average temperature was 4.5°C below the 20th century norm.
 (最後の氷河期の最も寒い時期、地球の平均温度は、20世紀の基準よりも4.5℃下でした。)
Let's call a 4.5°C difference one "ice age unit."
 (4.5℃の違いを、1「氷河期単位」と呼ぶことにしましょう。)

▼Where we are today
 (▼本日の我々の位置)

欄外: Snowball earth (-4 IAU)
 (全球凍結(-4IAU))

▲20,000 years ago
 (▲20,000年前)

My neighborhood: Half a mile of ice
 (私の近所:半マイルの氷)

▲Average during modern times
 (▲現代の平均)

▲Where we'll be in 86 years
 (▲私達が86年後に居るはずの場所)

My neighborhood: ?
 (私の近所: ?)

▲Cretaceous hothouse
 (▲白亜紀の温室)

+200m sea level rise
 (+200mの海面上昇)
No glaciers
 (氷河はない)
Palm trees at the poles
 (極地でヤシの木)

Alt-text: The good news is that according to the latest IPCC report, if we enact aggressive emissions limits now, we could hold the warming to 2°C. That's only HALF an ice age unit, which is probably no big deal.
 (最新のIPCC報告による良い知らせは、私達が今から積極的な二酸化炭素排出限度を制定すれば、2℃に温暖化を固定することが出来るとの事。それは、1氷河期単位のたった半分でしかなく、多分大したことじゃない。)


補足

 一つ前の氷河期と現代の平均気温は-4.5℃の差があり、それを「1氷河期」という単位と名付け、未来はどのように変化していくかについて分かりやすく図解している。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus