Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Pixels - ピクセル

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年2013年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

pixels.jpg
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

※今回のコミックはインタラクティブな作りになっています。ホイールでスクロールする事により、無限にズームUPしていくのですが、上の画像はキャプチャなので動きません。実際の動きを見たい方は以下よりどうぞ。

Pixels(ピクセル)

SCROLL TO ZOOM
 (ズームはスクロールで)

Alt-text: It's turtles all the way down.
 (ずっと下まで亀です。)

補足

 無限にズームUPする事が出来るコミック。初めの画像を構成するピクセル1つ1つがズームアップすることにより、新しいコマになる。

 それぞれのコマは以下のページにまとめられているが、今現在、アクセスが殺到しているのか、上手く画像が見れない。

 Alt-textは、ホーキング博士が出会った老婦人に関するエピソードから引用している。

ある有名な科学者が天文学の公開講演を行って、地球がどのように太陽を回っているのか、又その太陽が星の巨大な集団であるわが銀河の中心をどのように回っているのかを説明した。講演が終わると一人の小柄な老婦人が立ち上がってこう言った。「あなたのおっしゃったことは、みんな馬鹿げていますわ。本当は世界は平たい板のようなもので、大きな亀の背中に乗っているんですもの。」「ではその亀は何の上にのっているのでしょうか。」見下すような薄笑いを浮かべて科学者がたずねると、老婦人は平然として答える。「まあ、お若いのにおつむのおよろしいこと。でも、よろしくって、下の方はどこまでいっても、ずっと亀が重なっていますの!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus