Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: fMRI - 磁気共鳴機能画像法

  • このカテゴリでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳してます。
  • 2014年の翻訳記事はxkcd(2014年)、2013年の翻訳記事はxkcd(2013年)から。更に過去の翻訳記事はxkcdからどうぞ。
  • 翻訳済みの秀逸なコミックについては、過去のベスト10をまとめた記事(2009年?2010年2011年2012年2013年)からどうぞ。
  • このXKCD翻訳の目的の一つは、僕の英語スキル向上です。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

fmri.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

fMRI(磁気共鳴機能画像法)

女: Our fMRI study found that subjects performing simple memory tasks showed activity in the parts of the brain associated with loud noises, claustrophobia, and the removal of jewelry.
 (我々のfMRI研究では、単一の記憶作業を行う被験者は、大きな音、閉所恐怖症、そして、宝石の除去に関連する脳の部分で活性を示すことが分かった。)

Alt-text: They also showed activation in the parts of the brain associated with exposure to dubious study methodology, concern about unremoved piercings, and exasperation with fMRI techs who won't stop talking about Warped Tour.
 (それはまた、疑わしい研究方法への暴露と取ってないピアスの懸念とワープト・ツアーの話をやめないfMRI技術者への憤りで、活性を示しました。

補足

 fMRIにより撮影した、活性化された脳の部位に関する研究結果を報告する女性研究者。研究課題は、単一の記憶作業を行う被験者の脳の活性部位だが、MRI装置で測定される時に被験者が考えてしまう事(大きな音、閉所の不安、時期による宝石の除去)の活性部位と混同している事に気が付かず、報告を行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus