Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

ITジョーク - 気球乗りと地上の男

 熱気球で飛んでいた男は、突然、今居る場所が分からなくなりました。男は、一旦高度を落とすと、下に男性がいるのを見つけました。彼はさらに高度を落とし、行き先を知るため、男性にこう叫びます。

 「すいません!私が今どこにいるか教えてください。」

 すると、地上の男はこう言いました。

 「そうですね、あなたは、熱気球の中にいますよ。そして、上空30フィートに浮かんでいます。」

 「君は、IT業界で働いているんだね。」と気球乗り。

 「その通りですよ。」と地上の男は答えます。「なんで分かったのですか?」

 「それは、」気球乗りがいいます。

 「あなたが私に言ったことは全て、技術的には正しい。でも、だれの役にも立たないから。」

 地上の男は言い返します。「あなたは、経営者ですね。」

 「そうだが。」と気球乗りは返事をしました。「でも、どうしてわかった?」

 「だって。」地上の男は言います。

 「あなたは、どこにいるか自分でもよく分かっていないし、どこへ行くかも分かってない。それなのに、私が手助け出来るかもしれないと期待しています。

 あなたは、我々が会う前にも、こんなような立場に立たされていたのでしょう。でもいまや、それが私の間違いになっています。」

参照元

A man flying in a hot air balloon suddenly realizes he's lost. He reduces height and spots a man down below. He lowers the balloon further and shouts to get directions, "Excuse me, can you tell me where I am?"

The man below says: "Yes, you're in a hot air balloon, hovering 30 feet above this field."

"You must work in Information Technology," says the balloonist.

"I do" replies the man. "How did you know?"

"Well," says the balloonist, "everything you have told me is technically correct, but It's of no use to anyone."

The man below replies, "You must work in management."

"I do" replies the balloonist, "But how'd you know?"

"Well", says the man, "you don't know where you are, or where you're going, you expect me to be able to help. You're in the same position you were before we met, but now it's my fault."

英語はジョークで身につける
酒井 一郎
河出書房新社
売り上げランキング: 51172
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus