Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

Songs in Code Database - プログラムソースコードで、曲名を表現する

Q.1

final--;

 このソースコードは、ある曲名を表しています。一体、なんと言う曲名でしょうか?(若い人には世代的にちょっと厳しいかも。多分、アラフォー世代にはちょうど良いと思います。)

答えThe Final Countdown - EUROPE(白で表示)

 このように、曲名を表現するためのソースコードを集めたサイトが下記です。

 Twitterのハッシュコードを使って、Twitter上でつぶやいたソースコードを集約し、サイトとして公開しています。感銘を受けたソースコードに閲覧者が投票をすることも出来るため、一目で、今ホットなソースコードが分かります。

 Twitterの発言に、"#songsincode"と入力するだけで、あなたもすぐ参加できますよ。ソースコードは世界共通言語!思いついたらすぐ投稿。

 それでは、難読ソースコードをいくつかおさらいしましょう。

Q.2

substring("the tiger",6,1)

 最も人気があるこのソースコード、しばらく答えが分からず、僕自身かなり悩みました。"the tiger"の6文字目を一文字切り取る。これは"i"ですので、答えは多分下記でしょうか。

答えEye Of The Tiger - survivor(白で表示)

 なんでこのソースが難解かというと、javascript的に言うと、substring("文字列",開始位置,終了位置)なので、上記の記述だと、上手く文字列を抜き出せません。これはVBなのかなぁ。

 javascript的には下記になりますね。

substring("the tiger",5,5)

Q.3

map(' '.join, zip(['Work it',
'Make it',
'Do it',
'Makes us',],['Harder',
'Better',
'Faster',
'Stronger']))

 僕はこの曲知らない。歌詞の各パーツを抽出して、単語を合成してます。

答えHarder, Better, Faster, Stronger - Daft Punk(白で表示)

Q.4

foreach(person in AllPersons){person.setDomicile(yellowSubmarine);}

 さー、みんなで声高らかに歌いましょう!

答え: Yellow Submarine - The BEATLES(白で表示)

Q.5

<!-- u2 classic in xpath -->
//city[not(street/@name)]]

 最後に。僕が、一番グッと来たコードはこれ。xpathとはやりますな。プログラミング欲が刺激されます。なんか書いてみようかな。

答えWhere the Streets Have No Name - U2(白で表示)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus