Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Ice - 氷と腎臓

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

ice.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Ice(氷)

女: Everything's ready...
 (準備万端!)

Except we're out of ice.
 (アイスが切れてる以外はね。)

白ハット: I'll get some!
 (僕が買ってくるよ!)

街角女: Hey sexy. Where're you headed with all that ice?
 (あら、いい男ね。アイスをたくさん抱えてどこへ行くの?)

白ハット: A party!
 (パーティさ!)

街角女: There's a better party up at my place.
 (私のとこで、もっと素敵なパーティやってるわよ。)

白ハット: But I -
 (でも・・・。)

女: C'mon, one drink.
 (ね、一杯どう?)

[The next morning...]
 (次の日の朝)

白ハット: ... Ugh ... Where am I?
 (うーーん・・・。ここはどこだ?)

I was supposed to - where's all my ice!?
 (僕は確か・・・。アイスはどこだ?)

AAAAAAAAA
 (うわわわああああ!)

Alt-text: On the plus side, she wrote 'Welcome to the AAA Club!' in lipstick on the bathroom mirror, and left me a membership/roadside assistance card on the counter.
 (プラスの面として、 彼女はバスルームの鏡に口紅で『AAAクラブにようこそ!』と書いて 、カウンターの上に「メンバーシップ/道端アシスタントカード」を残していきました。)

補足

 ブロック氷の袋を抱えてパーティに戻ろうとする白ハット。しかし、街角で女に誘われるがまま、別のパーティへと行ってしまう。次の日の朝起きると、腎臓でいっぱいに満たされた風呂の中で目覚めるという話。

 風呂で目が覚めたと言う状況で、サスペンスっぽい話の展開だと以下の様になるが、

朝起きると腎臓が無くなっていた。体は氷の中に沈められていた。

 このコミックでは、上の文の言葉が入れ替えられ、以下の様なオチとなる。

朝起きると氷が無くなっていた。体は腎臓の中に沈められていた。

 Alt-textは・・・、いまひとつ意味分からず。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus