Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS

xkcd: Sloppier Than Fiction - 事実は小説より「雑」なり

ここでは、世界で最も人気があるウェブコミック「xkcd」の最新ナンバーをひたすら日本語に翻訳しています。過去のコミック翻訳はxkcdカテゴリで。翻訳済みの秀逸なコミックについては、2009年?2010年のベスト10をまとめた記事からどうぞ。誤訳がありましたら、コメントなどで気軽にご指摘下さい。

sloppier_than_fiction.png
©xkcd.com Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.5 License

Sloppier Than Fiction(小説より雑)

あごひげ男: Even though it technically wasn't cheating, she dumped me anyway! So I tell Bret, and he's like, "She sounds just like my crazy ex." and I was like, "Dude what was her name?" and it was the same girl.
 (たとえそれが、技術的に不正では無かったとしても、彼女はとにかく、僕を振った。それをブレッドに言ったら、「その子って、まるで、狂った僕のマエカノのようだね。」だって。で、僕は「なぁ、彼女の名前は何て言うの?」って思ったんだ。そしたら、それは同じ女の子だったんだよ。)

I swear, if they made my life into a movie, no one would believe it.
 (もし僕の人生を映画に仕上げると言っても、誰も信じないと思うよ。)

男(右): Yeah, though mostly because of the poorly-written dialogue and unlikable main character.
 (ああ、ほぼ、出来の悪い会話と好かれない主役の為ではあるけど。)

Alt-text: Roger Ebert once called you directionless and unwatchable.
 (ロジャー・エバートは、君を、計画がなく、見るに耐えないと言った。)

補足

 「Stranger than Fiction(?は、小説より奇なり)」と言うフレーズに引っ掛けたシャレ。出来事はそこそこ小説的だが、あごひげ男の語り口が「雑」と言うことらしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連性が高いおすすめ記事


comments powered by Disqus