Twitter icon  Tumblr icon  facebook icon  rss icon  feedly icon
naglly.com > xkcd日本語訳(2019年)アーカイブ

Opportunity Rover - 70億人の目

opportunity_rover.png

Opportunity Rover(オポチュニティ)

Some people complain that we see the world through our cameras.
 (人によっては、私達のカメラを通してその世界を見ていると不平を言う。)

白ハット: Kids these days...
 (最近の若者は...)

But for me, the really exciting part of finding something new has always been showing it to others.
 (新しい何かを見つける本当に刺激的な部分は、いつもそれを他の人に示してきました。)

男: Wow, you gotta come see this!
 (うわ、これを見て!)

Exploring an entire new world
would already be the adventure of a lifetime.
Imagine having the chance to share every new sight
[with seven billion friends.]
 (全ての新しい惑星を探査することは、すでに一生涯の冒険だ。あらゆる新たな視力を70億人の友人と共有する機会があることを想像して。)

探査機: ...and here's a trench I dug with my wheel, and here's where a dust devil went right past me, and over there is the biggest cliff I've ever seen, and this is...
 (...そしてここに、私のホイールで掘った塹壕がある、そしてここは、ダストデビルが私のすぐそばを通り過ぎたところだ、そしてあそこには、私が今までに見た最大の崖があり、そしてこれは...)

Alt-text: Thanks for bringing us along.
 (僕らを連れて行ってくれてありがとう。)

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Error Bars : ループするエラーバー

error_bars.png

Error Bars(エラーバー)

I don't know how to propagate error correctly, so I just put error bars on all my error bars.
 (僕は正しいエラーの伝え方がわからないので、全てのエラーバーの上にエラーバーを置くのみ。)

Alt-text: ...an effect size of 1.68 (95% CI: 1.56 (95% CI: 1.52 (95% CI: 1.504 (95% CI: 1.494 (95% CI: 1.488 (95% CI: 1.485 (95% CI: 1.482 (95% CI: 1.481 (95% CI: 1.4799 (95% CI: 1.4791 (95% CI: 1.4784...
 (...1.68のエフェクトサイズ (95% CI: 1.56 (95% CI: 1.52 (95% CI: 1.504 (95% CI: 1.494 (95% CI: 1.488 (95% CI: 1.485 (95% CI: 1.482 (95% CI: 1.481 (95% CI: 1.4799 (95% CI: 1.4791 (95% CI: 1.4784...)

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Invisible Formatting - 空白のボールド化

invisible_formatting.png

Invisible Formatting(目に見えないフォーマット)

When editing text, in the back of my mind I always worry that I'm adding invisible formatting that will somehow cause a problem in the distant future.
 (テキストを編集するとき、僕の頭の中で、目に見えないフォーマットを追加することがいつの日か問題を引き起こすのではないかといつも心配している。)

Alt-text: To avoid errors like this, we render all text and pipe it through OCR before processing, fixing a handful of irregular bugs by burying them beneath a smooth, uniform layer of bugs.
 (このようなエラーを回避するために、すべてのテキストをレンダリングし、処理前にOCRを介してパイプ処理し、少量の不規則なバグをなめらかで均一なバグの層の下に埋め込むことにより、修正する。)

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Carbonated Beverage Language Map - 地域別、炭酸飲料の呼び方

carbonated_beverage_language_map.png

Carbonated Beverage Language Map(炭酸飲料言語マップ)

Regional terms for carbonated beverages
 (炭酸飲料の地域表現)

Title text: There's one person in Missouri who says "carbo bev" who the entire rest of the country HATES.
 (ミズーリ州には、その一人の人以外国全体が全員嫌いな「carb bev」と言う人がいる。)

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Launch Risk - これってなぐさめになってる?

launch_risk.png

Launch Risk(打ち上げのリスク)

乗組員1: How you feeling?
 (どんな気持ち?)
乗組員2: Honestly, pretty nervous.
 (正直、かなり緊張してる。)
乗組員1: I know it seems dangerous, but just remember: you're more likely to be struck by lightning than to be selected to become an astronaut.
 (危険と感じているだろうが、これだけは覚えておいてくれ。「宇宙飛行士に選ばれるよりも、雷に打たれる可能性の方が高い」と。)
乗組員2: Oh that's a good-
 (おぉそりゃいい...)
乗組員2: ...Wait.
 (...待て。)

T-Minus 20...19...
 (Tマイナス 20...19...)

Alt-text: Don't worry--you're less likely to die from a space launch than from a shark attack. The survival rate is pretty high for both!
 (心配するなって。サメに襲われるより、宇宙への打ち上げで死ぬ可能性の方が低い。生存率は両方ともかなり高い!)

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sharing Options - 2択の共有オプション

sharing_options.png

Sharing Options(共有オプション)

画面: Welcome to social media! When you put stuff here, you have two options: (1) You can make it available to a small set of 300 or so approved friends.
 (ソーシャルメディアへようこそ!ここに投稿する時に、オプションが2つあります。(1)300人くらいの承認された友達に見えるようにすることができる。)

画面: Or (2) you can share permanent copies of it all with billions of people, including internet scammers, random predatory companies, and hostile governments.
 (もしくは、(2)ネット詐欺師、ランダムな悪徳業者、敵対している政府などを含む、何十億という人々と永続的なコピーを共有できる。)

男: Why would anyone pick option two?
 (2つ目のオプションを選ぶ人なんているの?)
画面: Two is the default.
 (2つ目が既定値です。)
男: Yikes.
 (えー!)

男: So those are the only two options? There's nothing in in between?
 (で、選択肢は2つだけ?その間には何もないのかい?)
画面: I don't understand. Like what?
 (よくわかりません。例えば、どんな?)

男: I mean...there are numbers between 300 and a billion.
 (えっと...、300〜10億まで数があるし。)
画面: Huh? Name one.
 (ん?1つ挙げて。)
画面: Pretty sure I would have heard of those.
 (そんなに数があるんなら、私は聞いたことあるはずですが。)

Alt-text: How about posts that are public, but every time a company accesses a bunch of them, the API makes their CEO's account click 'like' on one of them at random so you get a notification.
 (これはどうだ?投稿は公開設定になっているけど、企業がその投稿にたくさんアクセスすると、APIがランダムに投稿を一つ選んで、投稿者が通知を受け取れるよう、CEOのアカウントに「いいね!」をクリックさせるというのは。)

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Modern OSI Model - 現代のOSI「統合化」モデル

modern_osi_model.png

Modern OSI Model(現代のOSI参照モデル)

Application (Facebook)
 (アプリケーション層(Facebook))
Presentation
 (プレゼンテーション層)
Session
 (セッション層)
Transport
 (トランスポート層)
Network
 (ネットワーク層)
Google & Amazon
 (グーグルとアマゾン)
Data link
 (データリンク層)
Physical
 (物理層)

Title text: In retrospect, I shouldn't have used each layer of the OSI model as one of my horcruxes.
 (今にしてみれば、僕はホークラックスの1つとして、OSI参照モデルのそれぞれの層を使ってはいけなかったのだ。)

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Biff Tannen - ビフ・タネンが支配する世界

biff_tannen.png

Biff Tannen(ビフ・タネン)

男: You know, in the universe where Biff Tannen took Marty McFly's sports almanac back in time, the people wouldn't have any counterfactuals to work with.
 (ビフ・タネンがマーティ・マクフライのスポーツ年鑑を過去に持っていく世界では、人々は対処するためのいかなる反事実的条件はないよね。)
男: Their world would be the world.
 (彼らの世界はその世界になる。)

男: They would have spent decades debating which structural problems enabled the rise of BiffCo, the decline of the city, and general social decay.
 (彼らは何十年もかけて、どの構造上の問題がビフ社の台頭、都市の衰退、そして一般的な社会的崩壊を可能にしたのか、議論しただろう。)
男: Everyone would find reasons it confirmed their pet theory.
 (皆が持論を固めた理由を見つけだすだろう。)

男: I'm going to write a book set in that universe. I'll call it Hill Valley Elegy.
 (僕はあの世界で本を書くつもり。それをヒルバレーエレジーと呼ぶよ。)
白ハット: ... I hate you.
 (君なんて嫌いだ。)

Alt-text: I can't help myself; now I want to read a bunch of thinkpieces from newspapers in Biff's 1985 arguing over whether the growth of the region into a corporate dystopia was inevitable.
 (僕は自身を救うことができない。今僕は、この地域の企業によるディストピアの成長が避けられないのかに論じている、ビフの1985年の新聞から、たくさんの考えを読みたいと思っている。)

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Midcontinent Rift System - アメリカの物理的分裂の実現

midcontinent_rift_system.png

Midcontinent Rift System(内陸部分断システム)

1.1 billion years ago, the North American continent began to split in half.
 (11億年前、北米大陸は半分に分かれ始めた。)

黒ハット: We don't know why it stopped. If elected, I vow to finish the job. Thank youl.
 (なぜそれが止まったのか、我々は知りません。もし当選した暁には、その仕事の完遂を誓います。どうもありがとう。)
ポニーテール: Great job up there.
 (良い演説でした。)
Black Hat: Thanks! How are my polling numbers?
 (ありがとう!私の投票数はどうだい?)
Ponytail: Well, I'm seeing some weakness in the Midwest.
 (えーっと、中西部に若干の弱さが見えます。)
Black Hat: So am I. So am I.
 (そうだろう。そうだろう。)

Alt-text: The best wedge issue is an actual wedge.
 (一番の分裂問題は、実際の分裂だ。)

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

xkcd: Internet Archive - インターネット・アーカイブの意味

internet_archive.png

Internet Archive(インターネットアーカイブ)

ポニーテール: The Internet Archive is so weird. If it didn't exist, it would sound totally implausible.
 (インターネットアーカイブって、とっても奇妙。それが存在していなかったら、まったくもってありえないものに思える。)
男: Seriously.
 (そうかい?)

ポニーテール: Do you ever worry about how reliant we are on systems that someone happens to maintain for some reason but which could disappear at any time?
 (何かの理由で、見知らぬ誰かが保守してるけど、いつでも消える可能性があるシステムに、僕らがどれだけ依存しているのか、これまで思い悩んだことはないかい?)

ポニーテール: Yeah - the same thing freaks me out about having a body.
 (そう...。体を持ってるってことは、同じ観点でぞっとさせるわね。)
男: I know, right?? I don't even know what half these parts do!
 (うんうん。僕は、体の半分のパーツが何をするのかさえ知らない!)
ポニーテール: And yet if they stop, we die!
 (それでも止まれば、私たちは死ぬ!)
男: Probably best not to think about it.
 (おそらくそれについては考えないほうがよいんだろうな。)

Alt-text: The fact that things like the npm left-pad incident are so rare is oddly reassuring.
 (npmのレフトパッドの事件のようなことが非常にまれであるという事実は、不思議な安心感がある。)

 ...残りの記事を読む

 この記事のカテゴリは、xkcd日本語訳(2019年) です。
このエントリーをはてなブックマークに追加